We Love PIANO MAN トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエル

はてなブックマークに追加
We Love PIANO MAN トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエル
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    WE LOVE PIANO MAN TRIBUTE TO BILLY JOEL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Sony
  • 規格品番:
    SICP-4132
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    We Love PIANO MAN トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエルをAmazon.co.jpで購入するWe Love PIANO MAN トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエルをHMV.co.jpで購入するWe Love PIANO MAN トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエルを楽天ブックスで購入するWe Love PIANO MAN トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエルを@TOWER.JPで購入する
    We Love PIANO MAN トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエルを山野楽器で購入するWe Love PIANO MAN トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエルをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
イーストコースト・サウンドのひとつの頂点ともいえるビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」から40年、さまざまな意味でその音楽にインスパイアされた国内10アーティストが集って、彼へのトリビュート・アルバムを創りあげた。十人十色のサウンドのなかから、NYの存在感がはっきりと漂ってくるのは見事。
ガイドコメント
ビリー・ジョエルを愛する国内アーティストが参加したトリビュート・アルバム。槇原敬之の「素顔のままで」やアンジェラ・アキの「オネスティ」など、“ピアノ・マン”の普遍的楽曲をさまざまなアプローチで届けてくれる。
収録曲
01ピアノ・マン (K)
02ストレンジャー (さかいゆう)
03素顔のままで (槇原敬之)
04マイ・ライフ (田島貴男 (ORIGINAL LOVE))
05オネスティ (アンジェラ・アキ)
06アレンタウン (YO-KING (真心ブラザーズ))
07あの娘にアタック (土岐麻子)
08シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン (松下奈緒)
09ロンゲスト・タイム (ゴスペラーズ)
10ニューヨークの想い (JUJU)
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ビリー・ジョエル
    1949年、米国ニューヨーク生まれ。シンガー・ソングライター。ハッスルズ、アッティラというグループを経た後、71年にソロ・デビュー。73年の『ピアノ・マン』で注目を集め、77年の『ストレンジャー』で人気者になる。82年にはメッセージ性の強い……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015