THE MUSIC / WELCOME TO THE NORTH

はてなブックマークに追加
THE MUSIC / WELCOME TO THE NORTH
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    WELCOME TO THE NORTH
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ヴァージン
  • 規格品番:
    VJCP-68680
  • 価格:
    2,427 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    THE MUSIC / WELCOME TO THE NORTHをAmazon.co.jpで購入するTHE MUSIC / WELCOME TO THE NORTHを@TOWER.JPで購入するTHE MUSIC / WELCOME TO THE NORTHをHMV.co.jpで購入するTHE MUSIC / WELCOME TO THE NORTHを楽天ブックスで購入するTHE MUSIC / WELCOME TO THE NORTHをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
UKのリーズから登場し、新世代のグルーヴィー・サウンドで瞬く間にトップ・バンドへと躍り出た、ザ・ミュージックの2ndアルバム。USオルタナの巨匠、ブレンダン・オブライエンをプロデューサーに迎え、さらに強烈なサウンドを生み出している。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2004/9/6)  ⇒  6位 (9/13)  ⇒  6位 (9/20)  ⇒  11位 (9/27)  ⇒  26位 (10/4)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2004/9/6)  ⇒  8位 (9/13)  ⇒  2位 (9/20)  ⇒  16位 (9/27)  ⇒  20位 (10/11)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2004/9/6)  ⇒  8位 (9/13)  ⇒  5位 (9/20)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2004/9/6)  ⇒  8位 (9/13)  ⇒  4位 (9/20)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2004/9/6)  ⇒  3位 (9/13)  ⇒  4位 (9/20)  ⇒  9位 (9/27)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2004/9/20)  ⇒  9位 (9/27)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2004/9/6)  ⇒  2位 (9/13)  ⇒  2位 (9/20)  ⇒  6位 (9/27)
収録曲
01WELCOME TO THE NORTH
2ndアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ノース』のオープニング・ナンバー。前半の2コードのアレンジはシンプルながらもスリリングで、一度聴くと頭から離れない。「故郷」が持つ良い面と悪い面を歌っている。
02FREEDOM FIGHTERS
音の一つ一つを噛み締めるかのような深みのある安定したリズムに、低音で荒々しいノイズ・ギターが野生味を与える。自由であり続けることへの希望、戦いへの決意表明を歌ったハード・ロック・ナンバー。
03BLEED FROM WITHIN
Aメロ→Bメロ→サビへの王道の構成を用いることで、ザ・ミュージックの元来持つグルーヴィなサウンドがより引き立った完成度の高いナンバー。6分半にも及ぶ大作だが、この「暑苦しさ」さえも心地良く感じられる。
04BREAKIN'
全編でこだまするポップなコーラス・フレーズがクセになる、爽快なナンバー。サビのメロディに対する言葉の当てはめ方が非常に小気味良く、歌詞もじっくりと味わいたくなる秀逸なナンバー。
05CESSATION
スピーディな8ビートのロック・ナンバーで、全編マイナー・コードで構成することでスリル感を貫き通している。「俺は絶対に自分でいたい」と、信じたものに対する純粋な気持ちを畳みかけるように歌うさまが爽快。
06FIGHT THE FEELING
優しさと温もりであふれたスロー・ナンバー。“信念を貫く”という意味では、アレンジで相反する「Cessation」と同じテーマが歌われていることが興味深い。ラストのロバート・ハーヴェイのハイトーン・ヴォイスがリスナーの涙腺を刺激する。
07GUIDE
メジャー・コードのストロークが晴れた日の朝を連想させる、爽やかなミディアム・ロック・ナンバー。ロバート・ハーヴェイの肩の力が抜けたヴォーカルが心地良い。「俺が生きている限り 君が俺を導いてくれる」と、両親への感謝の気持ちを歌っている。
08INTO THE NIGHT
別れた二人が新しい道に進もうとする前向きな気持ちを歌ったナンバー。マイナー・コードを多用しているが、ロバート・ハーヴェイの艶のあるヴォーカルにより、暗さではなく切なさを醸し出すことに成功している。
09I NEED LOVE
「人間はみんな愛を必要としている」という、本能的なテーマの楽曲がザ・ミュージックにはよく似合う。詞はもちろん、シンプルなアレンジの中に胸いっぱいの想いを込めた力強い演奏に、彼の本能が見え隠れしている。
10ONE WAY IN, NO WAY OUT
スローで力強いリズムにマイナー・コードが乗るヘヴィなロック・ナンバー。現実を生きる以上、避けて通ることができない“人生のマンネリ”を歌う。彼らの若さとは裏腹に、冷静に現実を見つめるザ・ミュージックの視点に驚かされる一曲。
11OPEN YOUR MIND
シンプルで前向きなタイトルがリアルに響く爽快なナンバー。ロバート・ハーヴェイのヴォーカルを全面にフィーチャーした、メロディの美しさが際立った傑作。「心を開く 今こそその時なのかも知れない」という言葉がストレートに伝わってくる。
12FREEDOM FIGHTERS
2ndアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ノース』の日本盤ボーナス・トラック。ヘヴィ・ロック・テイストのオリジナル・ヴァージョンと異なり、エレクトリックなアレンジが施され、小気味良くダンサブルな仕上がりとなっている。
(12)ボーナストラック
仕様
CDエクストラ内容:Freedom Fighters (Video)
タイアップ
  • 「Freedom Fighters」 - 朝日放送「千鳥じゃ〜伝説の38マイクを求めて〜」エンディングテーマ
封入特典
  • 歌詞・対訳
アーティスト
  • ザ・ミュージック
    1999年に結成された英国リーズ出身の4人組ロック・バンド。CDデビュー前から『NME』誌の絶賛を受け注目を浴び、2002年に1stアルバム『ザ・ミュージック』を発表。ギター・バンドでありながらも、電子音を多く用いたダンサブルなナンバーを披……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015