THE BEAUTIFUL GIRLS / WE'RE ALREADY GONE

はてなブックマークに追加
THE BEAUTIFUL GIRLS / WE'RE ALREADY GONE
CD
ミニ・レビュー
(13)がCMに使用され日本でも瞬く間に人気となった、オーストラリアのオーガニック・ロック・バンドの3作目。独特のダルなプレイが、逆にとてもクールな印象を残す。ジャック・ジョンソンらとともに、新たなサーフ・ロックの潮流を生み出している連中だ。
ガイドコメント
オーストラリアのサーフ・ロック・バンドによる3rdアルバム。キーボード奏者を迎えた本作では、従来の爽快な曲調はそのままに、管楽器なども加えてサウンドの新たな方向性を示している。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    32位 (2005/7/11)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    15位 (2005/7/11)
収録曲
01WE'RE ALREADY GONE
02...AND WE'LL DANCE ON THE ASHES OF WHAT'S LEFT
03THE BIGGEST LIE I EVER TOLD
04LET'S TAKE THE LONG WAY HOME
05SKIPPING CRACKS
06655321
07THE WRONG SIDE OF TOWN
08GIRL, LATELY THINGS HAVE BEEN CHANGING
09WHEN I HAD YOU WITH ME
10SHOT DOWN
11NO WRONG, NO RIGHT
12WHAT GOES AROUND
13WEIGHT OF THE WORLD
(12)(13)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ビューティフル・ガールズ
    オーストラリア出身、トリオ編成のサーフ・ロック・バンド。元々サーフィン仲間だったメンバーが、ビーチタウンでライヴを行なっていたのがデビューのきっかけ。サーファーの間で話題となり、全豪ツアーやジャック・ジョンソンのオープニング・アクトなど、ラ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015