Base Ball Bear / (WHAT IS THE)LOVE&POP?

はてなブックマークに追加
Base Ball Bear / (WHAT IS THE)LOVE&POP?
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    (WHAT IS THE) LOVE & POP?
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-26880
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Base Ball Bear / (WHAT IS THE)LOVE&POP?をAmazon.co.jpで購入するBase Ball Bear / (WHAT IS THE)LOVE&POP?をHMV.co.jpで購入するBase Ball Bear / (WHAT IS THE)LOVE&POP?を楽天ブックスで購入するBase Ball Bear / (WHAT IS THE)LOVE&POP?を@TOWER.JPで購入する
    Base Ball Bear / (WHAT IS THE)LOVE&POP?を山野楽器で購入するBase Ball Bear / (WHAT IS THE)LOVE&POP?をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
4ピース・ロック・バンドのサード・アルバム。ひたすら8ビートの疾走系で押してくるが、音楽に加え重きを置いているのは歌詞。まさにニューミュージックの正統的後継者と言える。この編成で、この音でなければ表現できないようなBBBの音楽も聴いてみたい。
ガイドコメント
2009年9月2日発表の3rdアルバム。「LOVE MATHEMATICS」「神々LOOKS YOU」「BREEEEZE GIRL」「Stairway Generation」といった映画、CM、TVのタイアップ・シングルほか収録の充実盤。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2009/8/31)  ⇒  23位 (9/7)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2009/8/31)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    8位 (2009/8/31)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2009/8/31)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2009/8/31)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2009/8/31)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2009/8/31)  ⇒  7位 (9/7)
収録曲
01Stairway Generation
テレビ東京系アニメ『銀魂』オープニング・テーマに起用された11thシングル。ヒリヒリと奏でられるイントロとダンサブルなサウンドが、青春を必死に生きる若者の勢いと悩みを表わしているよう。“階段を あがれあがれ”というサビが高揚感をもたらす。
02SOSOS
不安と焦燥を煽るシリアスなサウンドが魅力のロック・ナンバー。抑えられない衝動を表わすサビの勢いあるグルーヴ感が印象的。殻を破って外へ出たいという感情を吐き出すように歌う小出の歌唱に圧倒される。
03changes (Album ver.)
フジテレビ系アニメ『図書館戦争』エンディング・テーマに起用された7thシングルのアルバム・ヴァージョン。新しい自分に変わる期待と不安を綴った心踊るポップ・チューンだ。痛快なダンス・ビートとサビの“changes”の軽快な歌い方が印象的。
04神々LOOKS YOU
映画『鴨川ホルモー』主題歌に起用された9thシングル。清涼感のあるメロディの上に伸びやかな歌声を乗せたミディアム・ナンバーで、人間としてこの世界をあるがままに生きようと歌う。サビでの関根による透明感のあるコーラスに心地よさを感じる。
05LOVE LETTER FROM HEART BEAT
あふれる恋心をあなたへ届けようというまっすぐな気持ちを歌う。ノスタルジックな雰囲気が漂う柔らかいメロディにディレイのかかったギターが幻想的。時折現れるキュートな電子ヴォイスとサウンドのギャップが意外にもマッチしている。
06ホワイトワイライト
大人になる前の何色にも染まっていない青春時代の素直な心情を綴った曲。懐かしさと爽やかさを感じさせる透明感のあるサウンドからは、変わらぬ友情の誓いと明るい未来を求めて前進する希望が伝わってくる。
07BREEEEZE GIRL
資生堂「SEA BREEZE」CMソングとなった10thシングル。駆け抜けるように疾走する清々しいサウンドと、“風になりたくて”と初恋の夢中な気持ちを表現した歌詞が見事にリンクしている。爽やかな躍動感に満ちたサマー・チューンだ。
08LOVE MATHEMATICS
恋を数学に例えた詞が特徴の8thシングル。“君+僕で「1」になりたい”と公式にない恋を求め夜も眠れず想い悩む様子が描かれる。リズミカルなサウンドの“1.2.3.4.5,〜”というコーラスが“君のことで頭がいっぱいな僕”の複雑な心情を表わす。
09SIMAITAI
今君はいないけどどうしても君がいい、“君を連れ去ってしまいたい”という強い想いを勢いのあるサウンドに乗せて歌う。躍動するキーボードが理想と現実との間で揺れ動く心情とリンクする。君=“しまい太陽”と表現した言葉がユニークだ。
10海になりたいpart.2
1stアルバム『HIGH COLOR TIMES』収録曲「海になりたい」のpart.2。“あなたを包む 海になりたい”という優しさを躍動するサウンドに乗せたナンバー。表現豊かな歌唱に“あなた”への想いの強さが感じられる。
11レモンスカッシュ感覚
君が振り向いた瞬間の輝きに対して、刺激的で新鮮な感覚を覚えた僕の気持ちを描く。躍動感あふれるサウンドのなかに風が吹き抜けるような涼しさを感じさせるギター・リフが心地よい。迷いのない歌唱からは君へ抱いた感情がダイレクトに伝わってくる。
12ラブ&ポップ
3rdアルバム『(WHAT IS THE)LOVE & POP?』のタイトル曲になったナンバー。自分自身とまっすぐに向き合い自分を理解していこうという前向きな歌詞に勇気づけられる。感情に揺れのない誠実な歌唱が安心感を与える。
タイアップ
  • 「BREEEEZE GIRL」 - グーグル「Google Playミュージック」TV-CMソング
  • 「BREEEEZE GIRL」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「BREEEEZE GIRL」 - 資生堂「シーブリーズ」TV-CMソング
  • 「Stairway Generation」 - テレビ東京「銀魂」オープニングテーマ
  • 「神々LOOKS YOU」 - 松竹「鴨川ホルモー」主題歌
アーティスト
  • Base Ball Bear
    日本のロック・バンド。愛称は“ベボベ”など。2001年、高校の学園祭出演のために結成され、翌年に現バンド名へ改称。2003年にミニ・アルバム『夕方ジェネレーション』でデビューし、2006年のミニ・アルバム『GIRL FRIEND』でメジャー……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015