JUJU / What's Love?

はてなブックマークに追加
JUJU / What's Love?
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    WHAT'S LOVE?
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワンネイション
  • 規格品番:
    AICL-1996
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    JUJU / WhatJUJU / WhatJUJU / WhatJUJU / WhatJUJU / What
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
2008年の大ブレイク後の初アルバムとなる本作は、その技量をいかんなく発揮した作品に仕上がっている。愛をテーマに、ポップ、ソウル、ジャズ、どんな楽曲でも躊躇することなく、感情豊かな伸びやかなヴォーカルを聴かせてくれる。繊細さも加味され聴きごたえあり。
ガイドコメント
ニューヨーク在住の日本人女性シンガー・ソングライター、JUJUの2ndアルバム。日本やニューヨークでのさまざまな経験から生み出されたナンバーで、切なくも輝きを放つ彼女のヴォーカルが光っている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    14位 (2009/3/2)  ⇒  12位 (3/9)  ⇒  27位 (3/16)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    11位 (2009/3/2)  ⇒  13位 (3/9)  ⇒  18位 (3/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2009/3/2)  ⇒  8位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    7位 (2009/3/2)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2009/3/2)  ⇒  8位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2009/3/2)  ⇒  8位 (3/9)  ⇒  10位 (3/23)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    12位 (2009/3/2)  ⇒  7位 (3/9)  ⇒  17位 (3/16)
収録曲
01What's Love?
ア・カペラ風のコーラスをバックにした光明な幕開けと鍵盤のループが印象的なミッド。愛へと駆けあがる瞬間の期待と不安が入り交じる微妙な心境を、アンニュイで艶めかしい歌唱で綴っている。切なく甘酸っぱい楽曲制作はJeff Miyahara。
02素直になれたら (JUJU feat.Spontania)
Spontaniaとコラボした「君のすべてに」の客演返しとなるアンサー・ソング。オルゴール調のイントロが印象的で、あふれ出す気持ちを抑えた心情を女性の細やかな視点で描写した歌唱が素晴らしい。哀感漂うサウンド制作はJeff Miyahara。
03U Got Me
DJ HIROnyc制作によるミディアム・チューン。ギターを効かせた穏やかなファンク調といった佇まいで、ファルセットを多用した微笑ましい歌唱や中盤で披露するラップとの相性は抜群。“いますぐに抱きしめて”というアプローチ・ソングだ。
04Missin'U
恋人を失った虚無感に打ちひしがれる心境を綴ったミディアム・スロー。物憂げではかない情景を歌わせるのにこれほど適した人もいないと思わせるほど、哀切なメロディに浸透するヴォーカルが白眉。制作はDJ HIROnyc。
05My Life
DJ HIROnycとE-3によるジャズ風のアプローチで構成されたミディアム・チューン。高揚感を煽るホーンや気品ある鍵盤などの生音によるサウンドが、アダルトでスタイリッシュな雰囲気をもたらせている。ため息と黄昏に暮れる女心がテーマ。
06I can be free (album version)
亀田誠治によるオーソドックスなロック・アレンジが特色のミッド。薄暗い空にだんだんとやわらかい光が満たされていく夜明けを想起させる曲で、詞世界も自分を信じていけば自由になれるというポジディヴなもの。フジテレビ系『めざにゅ〜』テーマ・ソング。
07sakura
ピアノとギターを軸とした清冽なアレンジが趣を生んでいる、DJ HIROnyc制作のミディアム・スロー。いつも変わらずに咲く桜の季節に君とやり直したいと願う気持ちを切なくも愛らしい歌唱で聴かせる、JUJUの細やかな表現力が秀逸なバラード。
08
映画『しあわせのかおり』主題歌となるミディアム・スロー・バラード。夢を諦めた弱気な日々を捨て、ひたすら前へ進む決意を綴った詞にふさわしく、艶やかさよりも希望にあふれた歌唱を披露。ピアノとアコギとストリングスによるピュアなアレンジが涙腺を緩ませる。
09LOVE TOGETHER
鐘の音で幕を開ける、タイトなリズムと期待感ある音色のアレンジが特徴的なアップ。運命の人との出会いとその永遠に心弾む気持ちを、松尾“KC”潔が90年代風の陽気なグルーヴを巧みに用いてジョイフルに表現した、ハッピーなウエディング・ソングだ。
10君がいるから-My Best Friends-
河野伸の制作によるオーセンティックなミディアム・バラード。河野のピアノと金原千恵子のストリングスを軸とした流麗なアレンジが、大切な友との絆の深さや強さを描写するのにふさわしい存在感を示している。『にゃんこ THE MOVIE 3』主題歌。
11世界が終わる前に
スウィートなウィスパー・ヴォイスがキュートな世界観を創り出すピロートーク・ソング。i-depのナカムラヒロシによる制作曲らしい、ビートに鍵盤と弦を乗せたライトなハウス調アレンジによって、スタイリッシュなポップへと昇華している。
12やさしさで溢れるように
亀田誠治プロデュースのミディアム・バラード。鮮麗としたピアノやストリングスをバックに配しているが、意志の強いギターを際立たせた克明なアレンジが亀田らしい。“どんなときもそばにいる”と決意表明する、生命力あふれる歌唱は圧巻。
13愛 (かな)しい (JUJU+キヨサク (MONGOL800))
“モンパチ”のキヨサクを迎えたアコースティック調のスロー・ナンバー。素朴なキヨサクの歌唱がJUJUの柔和さを引き出しているかのようで、二人が生み出す安穏とした雰囲気がいい。“チクタク”という詞もあいまって、沖縄の悠久さを感じさせる。
14どんなに遠くても...
輝ける明日が遠くとも愛の連鎖で希望を見出せると歌う普遍的なラヴ・バラード。ストリングスの合間から顔を出す澄明なフルートがパッと咲く花のよう。気品を保ちながら清爽なポップへと仕上げた、CHOKKAKUのアレンジが秀美。
タイアップ
  • 「どんなに遠くても」 - セガ「戦場のヴァルキュリア」テーマソング
  • 「どんなに遠くても...」 - セガ「戦場のヴァルキュリア」TV-CMソング
  • 「やさしさで溢れるように」 - 日産自動車「CUBE」TV-CMソング
  • 「やさしさで溢れるように」 - 第一興商「DAM★うたフル」TV-CMソング
  • 「やさしさで溢れるように」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「空」 - 東映「しあわせのかおり」主題歌
  • 「君がいるから-My Best Friends-」 - フジテレビ「にゃんこ THE MOVIE3」主題歌
  • 「素直になれたら」 - 第一興商「DAM★うたフル」TV-CMソング
  • 「素直になれたら」 - ソニーミュージックネットワーク「DOR@MO」TV-CMソング
  • 「素直になれたら」 - NTTコミュニケーションズ「MUSICO」TV-CMソング
  • 「素直になれたら」 - 九州朝日放送「ドォーモ」エンディングテーマ
  • 「素直になれたら」 - 日本テレビ「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」POWER PLAY
アーティスト
  • JUJU
    日本のシンガー・ソングライター。名前はウェイン・ショーターのアルバム『ジュジュ』に由来。サラ・ヴォーンやキャロン・ウィーラーに憧れ、幼少の頃よりジャズ・シンガーを志す。学生時代に渡米し、ニューヨークに移住。2004年にシングル「光の中へ」で……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015