JOE ODAGIRI / WHITE

はてなブックマークに追加
JOE ODAGIRI / WHITE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    WHITE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-62163
  • 価格:
    2,200 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    JOE ODAGIRI / WHITEをAmazon.co.jpで購入するJOE ODAGIRI / WHITEを@TOWER.JPで購入するJOE ODAGIRI / WHITEをHMV.co.jpで購入するJOE ODAGIRI / WHITEを楽天ブックスで購入するJOE ODAGIRI / WHITEをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ノイズで展開される(1)をはじめとするギター・プレイから、作詞・作曲・プロデュースまで自身で手がけた異色作。ロックやジャズに傾倒しながらも、ジャンルを超越する多彩な要素を感じさせ、かなり硬派な仕上がりといえる。音とグルーヴを堪能したい。
ガイドコメント
人気俳優オダギリジョー初のアルバム(ヴォーカル盤)。歌だけでなく、ギター、作詞・作曲も手がけるというマルチな才能を披露。ドコモの携帯電話のCMでオンエアされている「i don't know」など収録する。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    16位 (2006/10/2)  ⇒  30位 (10/9)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    5位 (2006/10/2)  ⇒  8位 (10/9)
収録曲
01Amuse
エレクトリック・ギターのフィードバック音をエフェクターで加工して作り上げた、実験的なインストゥルメンタル・ナンバー。アート・リンゼイなどのニューヨークのアヴァンギャルド音楽シーンからの影響が色濃く反映されている。
02i don't know
豪快に鳴り響くヘヴィなエレクトリック・ギターと極太のベース・ラインが、まるでストゥージズのようなガレージ・ロック・チューン。オダギリジョーは海外在住経験者だけあって英語詞の発音も非常に流暢で、楽曲に無理なく溶け込んでいるのもイイ。
03雨音
ウッド・ベースとヴァイオリンがフィーチャーされた、ジャジィなスウィング・ロック。パンクとジャズが融合したかのような、自由奔放かつ攻撃的な鋭さを持ったサウンドだ。オダギリジョーのウィスパー・ヴォイスがセクシー。
04Inst.H.
インプロヴィゼーションを重視した楽曲の構成から、オダギリジョーのフリー・ジャズへの傾倒が垣間見られるインストゥルメンタル・ナンバー。オダギリジョーを含む3人のギタリストによるギター合戦は、ノーウェイヴ風だ。
05t.
キャッチーなメロディを持つジャズ・ロック・ナンバー。オダギリジョーのハーフ・スポークン・ヴォーカルは、彼の歌い手としての実力の高さを証明するもの。中音域を強調したアナログ・レコード風の柔らかい音像がノスタルジックに響く。
06雨音 (2001 demo version)
2001年に録音された「雨音」のデモ・ヴァージョン。ほとんどジャジィなスウィング・ロックのインストゥルメンタル・ナンバーとして仕上げられていた公式ヴァージョンと違って、こちらはあくまでも“歌もの”として仕上げられていたものだ。
タイアップ
  • 「i don't know」 - 富士通「F902iS」TV-CM曲
アーティスト
  • 同時発売作品
    JOE ODAGIRI / BLACK
    VICL-62164   2,200円(税込)   2006/10/04 発売
    JOE ODAGIRI / BLACKをamazon.co.jpで購入するJOE ODAGIRI / BLACKをTOWER RECORDS ONLINEで購入するJOE ODAGIRI / BLACKをHMV.co.jpで購入するJOE ODAGIRI / BLACKを楽天ブックスで購入するJOE ODAGIRI / BLACKをTSUTAYAで購入する
    さすが個性派/クール/とっぽい俳優のオダギリジョーだけのことはある。タンクトップに入ったケース型CDなど装丁のお洒落さはもちろんのこと、楽曲ではとても哀愁味を持ったギター演奏を響かせる。これはインスト……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015