ザ・ヴァインズ / ウィニング・デイズ [CCCD] [廃盤]

はてなブックマークに追加
ザ・ヴァインズ / ウィニング・デイズ [CCCD] [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    WINNING DAYS
  • ジャンル:
    ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCP-66271
  • 価格:
    2,669 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ザ・ヴァインズ / ウィニング・デイズ [CCCD] [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するザ・ヴァインズ / ウィニング・デイズ [CCCD] [廃盤]を@TOWER.JPで購入するザ・ヴァインズ / ウィニング・デイズ [CCCD] [廃盤]をHMV.co.jpで購入するザ・ヴァインズ / ウィニング・デイズ [CCCD] [廃盤]を楽天ブックスで購入するザ・ヴァインズ / ウィニング・デイズ [CCCD] [廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
1作目でいきなり世界的評価をモノにした、オーストラリア出身の4人組のセカンド・アルバム。前作に比べ、一曲ごとの振れ幅はコンパクトにまとまり、軽快なギター・チューン〜アコースティック・ナンバーまで、気負いのない冒険心あふれるソングライティングが光る。
ガイドコメント
2002年のデビュー・アルバムが全米で驚異的なヒットを記録したザ・ヴァインズの2ndアルバム。抜群のメロディをエモーショナルな演奏に乗せた傑作だ。ライヴで披露した新曲も収録。
ガイドコメント
2002年のデビュー・アルバムが全米で驚異的なヒットを記録したザ・ヴァインズの2ndアルバム。抜群のメロディをエモーショナルな演奏に乗せた傑作だ。ライヴで披露した新曲も収録。
リサーチ
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2004/3/15)  ⇒  13位 (3/22)  ⇒  19位 (3/29)  ⇒  31位 (4/5)  ⇒  24位 (4/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2004/3/15)  ⇒  14位 (3/22)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2004/3/15)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2004/3/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2004/3/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2004/3/15)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2004/3/15)  ⇒  5位 (3/22)  ⇒  6位 (3/29)  ⇒  12位 (4/5)  ⇒  13位 (4/12)
収録曲
01RIDE
クリーンなトーンで引っかかるように刻まれるギターから、徐々に盛り上がっていき、咆哮が爆発するロックンロール・チューン。ギター・サウンドが随所でサイケデリック調になると遠くの世界につれていかれそうになる。
02ANIMAL MACHINE
イントロから最初のコーラスのパートなど、不安感を演出したややダークな雰囲気のナンバー。しかし、中盤のコーラスではブリット・ポップの影響も見え隠れするなど、このバンドの引き出しの豊富さを見せてくれている。
03TV PRO
澄み切ったようなギター・サウンドと裏声を駆使した曲の出だしに美しい感覚を感じ始めたかと思うと、突如ハードに展開。そのパートが交互に登場することで、夢の中の世界を漂っているような錯覚に陥る。不思議な心地を感じさせる曲だ。
04AUTUMN SHADE 2
アコースティックをフィーチャーした短くも綺麗で穏やかな感覚をもった曲。コーラスのパートがこの曲に得も言われぬ美しさを際立たせている。エンディングの鳥の鳴き声に絡むギターの音が、儚く消えていくさまも美しい。
05EVIL TOWN
ミドル・テンポの曲でノイジーなギターも聴けるが、このタイプの曲にしてはヴォーカルが比較的抑えめになっているのが珍しい。しかし、バックで鳴る音が半音で揺れ動くことにより、全体に邪悪で不安定なヴァイブをもたらしている。
06WINNING DAYS
アコースティック・ギターをつま弾きながら優しく歌われる出だしから、全体的にソフトでポップな感覚をもつ、シングル盤でもリリースされた曲。ストーンローゼズを意識して作られた曲だが、ラストではビーチ・ボーイズらしいコーラスも聴ける。
07SHE'S GOT SOMETHING TO SAY TO ME
イントロでギターが炸裂するが、歌が始まる途端に60年代のサーフィン・ミュージックの影響を色濃く感じさせる世界に染まっていく。しかし、60年代の単なるコピーに終わっていないのは、曲の随所で絡んでくるノイジーなギターによる。
08RAINFALL
アコースティックとエレキ・ギターの使い方がギター・ポップ・バンド好きにはたまらないミドル・テンポのナンバー。素朴ながらもピュアな感覚をもったこの曲は、いつの時代をも超える不変の美しさをもっている。
09AMNESIA
ゆったりしたドラムのビートに導かれて始まるこの曲には、遠い宇宙へと漂っていくような感覚を聴く者に与えてくれる。ヴォーカルもギターも抑制されたサウンドで展開されているのが、雰囲気を良く演出している。
10SUN CHILD
1stアルバムのボーナス・トラックにデモ音源として収録されていたバラード曲。デモ音源ではビートルズを彷彿とさせる雰囲気だったが、ここでは東洋のメロディを感じさせるギター・ソロが曲に新たな色どりを加えている。
11F.T.W.
随所で絶叫が炸裂し、「世界をぶち壊せ!」と繰り返し歌われるハードなナンバー。未来を見据えた環境問題を採り上げた曲だが、ソロとエンディングでのギターのノイジーさが、この曲をより刹那的に響かせている。
12DROWN THE BAPTISTS
30秒の空白後に始まる、アコースティックとバンド・サウンドを絡めたスローなナンバー。このバンドの魅力の一つである美しいコーラス・ワークが光る曲で、カントリー・サウンドのフレイヴァーを色濃く押し出している、彼らには珍しい曲。
録音
2003.9
タイアップ
  • 「ライド」 - アップルコンピューター「iPod」
アーティスト
  • ザ・ヴァインズ
    90年代末にフロントマンのクレイグ・ニコルズ(vo,g)を中心に豪シドニーで結成されたロック・バンド。名前はクレイグの父のバンド“The Vynes”に由来。当初、地元では無名だったが、〈XLレコーディングス〉を経て英を中心にポスト・ニルヴ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015