ナイン・インチ・ネイルズ / ウィズ・ティース

はてなブックマークに追加
ナイン・インチ・ネイルズ / ウィズ・ティース
CD
ガイドコメント
リミックス、ライヴ盤を経てオルタナ界のカリスマ、トレント・レズナー率いるNINの『フラジャイル』から約5年半ぶりのスタジオ・オリジナル・アルバムがついに発売。より先鋭的なNINサウンドが楽しめる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/4/25)  ⇒  1位 (5/2)  ⇒  5位 (5/9)  ⇒  9位 (5/16)  ⇒  24位 (5/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/4/25)  ⇒  2位 (5/2)  ⇒  6位 (5/9)  ⇒  8位 (5/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2005/4/25)  ⇒  4位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2005/4/25)  ⇒  4位 (5/2)  ⇒  9位 (5/16)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2005/4/25)  ⇒  4位 (5/2)  ⇒  5位 (5/9)  ⇒  8位 (5/16)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2005/4/25)  ⇒  6位 (5/2)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/4/25)  ⇒  1位 (5/2)  ⇒  2位 (5/9)  ⇒  3位 (5/16)  ⇒  14位 (5/23)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
収録曲
01オール・ザ・ラヴ・イン・ザ・ワールド
繊細で美しいピアノを効果的に配した打ち込みサウンドと寂しげで消え入りそうなヴォーカルが、なんとも儚げで頼りない。しかし、苦渋に満ちていた従来の楽曲とは明らかに異質の優しさと温かさを発散させていることに、驚きを隠せない。
02ユー・ノウ・ホワット・ユー・アー?
エフェクトのかかったヴォーカル、どこか不気味なシンセの音、怒涛の高速ドラミングが暴れ回る。2ndアルバム『ダウンワード・スパイラル』に収録されていてもおかしくないほど、アグレッシヴでラウドなナンバーだ。
03ザ・コレクター
同じリフとリズムのリフレインを軸とした、必要最低限の音数で作られたシンプルな楽曲。主役はあくまでも表情豊かな歌で、途中で顔を出す奇妙にねじれたディストーション・ギターさえもアクセントにすぎない、と感じさせられる。
04ザ・ハンド・ザット・フィーズ
先行シングルとなったダンサブルなナンバーで、史上最高にキャッチーなメロと健全な雰囲気がファンを驚かせた。毒気が希薄で普通すぎるという声もあったが、反骨精神に満ちた歌詞はトレント・レズナーらしくてよい。
05ラヴ・イズ・ノット・イナフ
ギターの不穏な旋律とインダストリアル・ビートが生む独特な緊張感が全体を支配する、冷ややかでスタイリッシュなナンバー。パーソナルな痛みをストレートに叩きつけた歌が、心の深いところに突き刺さる。
06エヴリ・デイ・イズ・イグザクトリー・ザ・セイム
重厚なバンド・アンサンブルが描くドラマティックなサウンドと、自らをリセットした男が見る新しい世界を描いた歌詞が興味深い。何度か繰り返される「毎日がそっくり同じ」というフレーズが耳に残る。
07ウィズ・ティース
情感あふれるヴォーカルとループ・サウンドにより、混沌としたダークな世界が描かれている。徐々にフェイド・アウトしていくのかと思いきや、再び盛り上がるドラマティックな展開がいかにもNINらしい。
08オンリー
エレクトロ・ポップのようなダンサブルなプログラミング・ビートと妙に色気のある歌声が、ニューウェイヴ風の甘さと毒気を醸し出している独特なタッチの楽曲。ロック色の強い『ウィズ・ティース』の中で異彩を放っている1曲だ。
09ゲッティング・スモーラー
ノイジーなギターと扇情的なビートとうなるベースが一体となった嵐のようなグルーヴが、興奮を煽るラウドなロック・ナンバー。やけくそ気味のテンションの高いヴォーカルもパンキッシュでかっこいい。
10サンスポッツ
『ウィズ・ティース』の中でも特にシンプルでダークな楽曲。それでも浮遊感のあるエレクトロ・サウンドと生音のダイナミズムをバランスよく共存させ、クールでスタイリッシュな表情に仕上げた手腕はさすがとしか言いようがない。
11ザ・ライン・ビギンズ・トゥ・ブラー
これまで隠し通してきた不安、孤独に苛まれる人間的な素の自分をさらけ出した歌を第一義としたヴォーカル・ソング。ヘヴィなギター・サウンドとラウドなビート、エレガントなピアノが緊張感と安堵感を交互にもたらす。
12ビサイド・ユー・イン・タイム
ささやきかけるように歌が静かに流れ、突如としてヘヴィに変貌する予測不可な前半の展開はNINの十八番。死をイメージさせるような陰鬱な内容の歌詞であるにもかかわらず、楽曲が温もりに満ちているあたりがトレントの健康的精神状態を反映している。
13ライト・ウェア・イット・ビロングス
本編ラストを締めくくるに相応しい、フォーキーなタッチに癒されるナンバー。心の中で繰り返される自問自答をストレートに吐露した歌詞は決して明るいものではないが、光射すような希望がどことなく余韻となって残る。
14ホーム
最初は淡々とした印象を受けるが、同じリズムを繰り返すドラムがループ効果となって聴き手を覚醒させ、狂おしくも美しい歌世界へと引きずり込む。ボーナス・トラックとはいえ、安易に聴き流せない魅力あるトラックだ。
15ライト・ウェア・イット・ビロングス (V.2)
16ザ・ハンズ・ザット・フィーズ (ラフ・ミックス)
アーティスト
  • ナイン・インチ・ネイルズ
    米・クリーヴランド出身のインダストリアル・ロック・バンド。トレント・レズナーを中心として1988年に始動し、翌年に『プリティ・ヘイト・マシーン』でアルバム・デビュー。94年の『ザ・ダウンワード・スパイラル』が全米2位、99年の『ザ・フラジャ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015