メロディ・ガルドー / 夜と朝の間(はざま)で

はてなブックマークに追加
メロディ・ガルドー / 夜と朝の間(はざま)で
CD
ミニ・レビュー
19歳の時の交通事故で瀕死の重傷を負い、現在も杖をつき、光線・聴覚過敏症でサングラスを欠かすことができない23歳のシンガーのデビュー作。その歌声はニーナ・シモンを彷彿させる独特のしなやかさで、純粋な哀切さをなくした現代に確かに響く。
ガイドコメント
ジャズ、フォーク、ブルースの要素を含むサウンドと、優しく包み込むスムースな歌声が美しいアルバム。ローリー・クレインをプロデューサーに迎え、静寂の中に熱い情熱を感じさせるメロディを作っている。
チャート
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2008/12/29)
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    3位 (2008/8/25)  ⇒  3位 (9/1)  ⇒  2位 (9/8)  ⇒  3位 (9/15)  ⇒  6位 (9/22)  ⇒  6位 (9/29)  ⇒  4位 (10/6)  ⇒  5位 (10/13)  ⇒  10位 (10/20)  ⇒  8位 (10/27)  ⇒  7位 (11/3)  ⇒  8位 (11/10)  ⇒  19位 (11/17)  ⇒  20位 (11/24)  ⇒  4位 (12/1)  ⇒  3位 (12/8)  ⇒  2位 (12/15)  ⇒  2位 (12/29)  ⇒  1位 (2009/1/5)  ⇒  3位 (1/12)  ⇒  7位 (1/19)  ⇒  4位 (1/26)  ⇒  5位 (2/2)  ⇒  5位 (2/9)  ⇒  4位 (2/16)  ⇒  7位 (2/23)  ⇒  8位 (3/2)  ⇒  9位 (3/9)  ⇒  6位 (3/16)  ⇒  7位 (3/23)  ⇒  5位 (3/30)  ⇒  6位 (4/6)  ⇒  5位 (4/13)  ⇒  7位 (4/20)  ⇒  5位 (4/27)  ⇒  4位 (5/4)  ⇒  7位 (5/11)  ⇒  9位 (5/18)  ⇒  7位 (5/25)  ⇒  7位 (6/1)  ⇒  8位 (6/8)  ⇒  9位 (6/15)  ⇒  16位 (6/22)  ⇒  19位 (6/29)  ⇒  9位 (7/6)  ⇒  11位 (7/13)  ⇒  15位 (7/27)  ⇒  20位 (11/9)  ⇒  19位 (11/30)  ⇒  17位 (12/14)  ⇒  16位 (12/28)  ⇒  16位 (2010/1/4)  ⇒  18位 (1/11)
収録曲
01WORRISOME HEART
02ALL THAT I NEED IS LOVE
03GONE
04SWEET MEMORY
05SOME LESSONS
06QUIET FIRE
07ONE DAY
08LOVE ME LIKE A RIVER DOES
09GOODNITE
10TWILIGHT
11GOODNITE
(11)ボーナストラック
演奏
メロディ・ガルドー(G,VO,P) チャーリー・パティエルノ(DS) カート・ジョンストン(DOBRO) ケン・ペンダーガスト(P) ジェフ・リー・ジョンソン(G) ジョエル・ブライアント(KEY) パトリック・ヒューズ(TP) マット・キャピー(TP) 他
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • メロディ・ガルドー
    1985年生まれ。米国フィラデルフィア出身の女性ジャズ・シンガー/シンガー・ソングライター。19歳の時、自転車で帰宅途中車に跳ねられ瀕死の重傷を負い、リハビリとして医者に音楽セラピーを勧められ曲を書き始める。病室でみずから録音した6曲入りの……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015