松浦亜弥 / ×3(トリプル)

はてなブックマークに追加
松浦亜弥 / ×3(トリプル)
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    X 3
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    ゼティマ
  • 規格品番:
    EPCE-5259
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    松浦亜弥 / ×3(トリプル)をAmazon.co.jpで購入する松浦亜弥 / ×3(トリプル)を@TOWER.JPで購入する松浦亜弥 / ×3(トリプル)をHMV.co.jpで購入する松浦亜弥 / ×3(トリプル)を楽天ブックスで購入する松浦亜弥 / ×3(トリプル)をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
大ヒット・シングル3曲を含む通算3作目のアルバム。どこを切っても天然色ガール・ポップが飛び出す玉手箱仕立ての作風。そんなキュートな色調に加え、意外に鍛えられた足腰の躍動感が聴き手を引きずり込む。ずいぶんと芸達者な頑張り屋さんに成長しました。
ガイドコメント
松浦亜弥の通算3作目のアルバムは、「ね〜え?」から「THE LAST NIGHT」までの大ヒット・シングル3曲を含む豪華な内容。歌唱力にもますます磨きがかかった、あややの魅力満載の1枚だ。
ガイドコメント
松浦亜弥の通算3作目のアルバムは、「ね〜え?」から「THE LAST NIGHT」までの大ヒット・シングル3曲を含む豪華な内容。歌唱力にもますます磨きがかかった、あややの魅力満載の1枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    26位 (2003/12/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    13位 (2003/12/29)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    12位 (2003/12/29)
収録曲
01GOOD BYE 夏男
彼女に名前を呼ばれて嬉しい反面、歌詞の内容でブルーな気分に陥った夏男(なつお)さんが全国に大量発生したであろうナンバー。転調満載かつドンツカピコピコとしたアレンジは、昔懐かしハイパー・ユーロビートの趣。
02GET UP!ラッパー (松浦Version)
03可能性の道
04ね〜え?
つんく♂作の楽曲に小西康陽がキュート&コミカルなアレンジを施した、アイドル・ポップス理想郷ナンバー。アンニュイな趣のAメロ、一転溌剌としたサビ、「なぁ〜い」を「なはぁ〜い」と歌うなど彼女らしさも全開。
05オリジナル人生
06恋してごめんね
07THE LAST NIGHT
凝りすぎにもほどがある重厚なアレンジの失恋バラード。ストリングスをメインにした壮大な構成の楽曲で、豊かなストーリー性には王道歌謡バラードの風格さえ漂う。それゆえファンの間でも大きく好き嫌いが分かれている曲だ。
08私と私と私
09Yeah!めっちゃホリディ (HIGH TUNED mix)
10涙のわけ
11LOVE TRAIN
タイアップ
  • 「ね〜え?」 - エフティ資生堂「ティセラ」
アーティスト
  • 松浦亜弥
    1986年6月25日、兵庫県生まれの歌手。愛称は“あやや”。モーニング娘。をはじめとする、ハロー!プロジェクトを手がける人気プロデューサー、つんく♂の秘蔵っ子的アイドルとして、2001年4月にシングル「ドッキドキ!LOVEメール」でデビュー……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015