マイケル・ジャクソン / エスケイプ

はてなブックマークに追加
マイケル・ジャクソン / エスケイプ
CD
ガイドコメント
2010年の『MICHAEL』以来約3年半ぶりとなる、2014年5月リリースのアルバム。前作同様、マイケル・ジャクソンの世界未発表曲を、トップ・プロデューサーたちが“現代的”に完成させた一枚。MJファン注目の話題作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2014/5/19)  ⇒  6位 (5/26)  ⇒  11位 (6/2)  ⇒  16位 (6/16)  ⇒  23位 (6/23)  ⇒  26位 (6/30)  ⇒  36位 (7/14)  ⇒  34位 (7/21)  ⇒  37位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2014/5/19)  ⇒  8位 (5/26)  ⇒  16位 (6/2)  ⇒  10位 (6/9)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2014/5/19)  ⇒  6位 (5/26)  ⇒  10位 (6/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2014/5/19)  ⇒  8位 (5/26)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2014/5/19)  ⇒  9位 (5/26)  ⇒  10位 (6/2)  ⇒  7位 (6/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2014/5/19)  ⇒  5位 (5/26)  ⇒  5位 (6/2)
収録曲
01LOVE NEVER FELT SO GOOD
瑞々しいストリングスときらめくギターが麗しいムードを作るディスコ・ソウル。「ディス・イズ・イット」で少々物議を醸したポール・アンカとの共作で、80年代初期の上質なダンス音楽の薫りが満ちる。初恋にときめく歌唱が微笑ましい。
02CHICAGO
シンプルなタイトルが導く物語は、シカゴへ向かう途中で起こる三角関係。主人公が恋に落ちた天使のような女性は人妻だった……一触即発のストーリーを、やや窮屈なビートに乗せたコリー・ルーニーの手によるトラックで描く。苦痛と怒りをにじませた後半の歌唱が秀逸。
03LOVING YOU
冒頭から芳醇な薫りが漂うロマンティックでファンタジックなミッド。鋭利でシリアスな『BAD』期に作られたとは思えない、AORにも似た上品な華やかさが曲全体を包み込む。非常にリラックスしたヴォーカルで描く、文字通りのラヴ・メッセージだ。
04A PLACE WITH NO NAME
アメリカのヒット曲「名前のない馬」のメロディを借りた、マイケル版の新解釈カヴァーともいえる濃厚で色鮮やかなミッド。どことなく「リーヴ・ミー・アローン」を想起させるが、こちらは痛みのない世界へと導かれるユートピアの物語だ。
05SLAVE TO THE RHYTHM
L.A.リード&ベイビーフェイス人脈が手掛けた曲をティンバランドが新たな息吹で再生。スリリングなビートと抑圧的な感情が爆発するようなヴォーカルでも判るように、支配的な男の束縛から逃げ出したい女性の苦痛を描く。彼らしい激しいアドリブも飛び出す。
06DO YOU KNOW WHERE YOUR CHILDREN ARE
マイケル単独クレジットによる、かつて「12オクロック」とも呼ばれていた広がりあるシンセが推進するメリハリの効いたミッド・ダンサー。米国が抱える子供の家出や売春といった社会問題を、“助けて”というSOSとともに、怒りをこらえた苦々しい表情で伝える。
07BLUE GANGSTA
ギャング映画好きなマイケルらしい、ほの暗いフィルムノワール風のムードが漂う壮大な物語曲。緊張が走る不穏な空気をティンバランドが絶妙に付け足し、「スムース・クリミナル」の続編的な世界を構築。ホットなアドリブとコーラスの調和も印象的。
08XSCAPE
冒頭に“ダークチャイルド”が刻印された、ロドニー・ジャーキンスのリアレンジ作。『インヴィンシブル』期の制作と伝わるファンキーな「ユー・ロック・マイ・ワールド」作風で、世界の支配から逃げ出せと叫ぶ。ビートの渦で夢中に踊るような歌唱に興奮が止まない。
タイアップ
  • 「Slave To The Rhythm」 - ソニー「Xperia ZL2」TV-CMソング
  • 「スレイヴ・トゥ・ザ・リズム」 - ソニー「Xperia(TM)Z2」TV-CMソング
  • 「ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド」 - フィアットクライスラージャパン「Jeep “Call of Summer”」TV-CMソング
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/英文ライナーノーツ訳
アーティスト
  • マイケル・ジャクソン
    1958年8月29日、米インディアナ州ゲイリー生まれの歌手。66年、兄弟とともにジャクソン・ファイヴを結成、「帰ってほしいの」など次々にヒットを飛ばして70年代初めの音楽シーンを彩る。82年に発表した『スリラー』はMTV時代を象徴する凝った……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015