アトミック・フーリガン / ユー・アー・ヒア

はてなブックマークに追加
アトミック・フーリガン / ユー・アー・ヒア
CD
ミニ・レビュー
2005年10月に来日公演を行なったUKデジタル・ロックの新鋭によるデビュー作だ。DJコンビのユニットらしい大胆なサンプリングを駆使、それでいて70年代ディスコやユーロビートの安易さもあったり。そう捉えるととってもスタンダードな音に聴こえてくるから不思議。
ガイドコメント
UK出身の2人組ユニットによるデビュー・アルバム。ケミカルの全盛期を思わせるブレイクビーツに、UKならではの美麗なメロディ・ラインと奔放なアレンジを加味した強力な仕上がりだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    16位 (2005/10/10)  ⇒  24位 (10/17)  ⇒  34位 (10/24)
収録曲
01SEVEN 10 SPLIT
02HEAD
03SHINE A LIGHT
04WHO STOLE MONKEY'S CLOTHES?
05THE BIRCH
06WAIT 'TIL YOU'RE SLEEPING
07SPITBALL
08PUMP FRICTION
09DREAMING
10STEAL THE SUN
11TWELVE HUNDRED MILES
12SUPERSTAR JUNKIE
13JUST ONE MORE
14YOU ARE HERE
15SEVEN 10 SPLIT
16GIRL IS FILTH
(15)(16)ボーナストラック
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • アトミック・フーリガン
    英国出身、テリー・ライアンとマット・ウェルチによるブレイクビーツ・ユニット。2000年、EP「Servin It Up」でデビューを果たす。03年に手掛けた、アンダーワールドの「ボーン・スリッピー」と「カウガール」のリミックスが大きな話題と……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015