DJ KAWASAKI / You Can Make It

はてなブックマークに追加
DJ KAWASAKI / You Can Make It
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    YOU CAN MAKE IT
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    コロムビア
  • 規格品番:
    COCB-53690
  • 価格:
    2,933 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    DJ KAWASAKI / You Can Make ItをAmazon.co.jpで購入するDJ KAWASAKI / You Can Make Itを@TOWER.JPで購入するDJ KAWASAKI / You Can Make ItをHMV.co.jpで購入するDJ KAWASAKI / You Can Make Itを楽天ブックスで購入するDJ KAWASAKI / You Can Make ItをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
クラブ・シーンに衝撃を与えたデビュー作『BEAUTIFUL』。彼のセカンド・アルバムである本作は、“カワサキ・ビート”と呼ばれる卓越したリズム・パターンと、ソウルフルな感性が相まったジャパニーズ・ハウスの新次元。ゴードン・チェンバースはじめゲスト陣も華やか。
ガイドコメント
ハウス・シーンに伝説を作り出す、DJ KAWASAKIの2ndオリジナル・アルバム。美しいメロディと独自のリズム・トラックで、ハウス・シーンに大きな影響を与える彼の、エモーショナルかつメロディアスなサウンドが楽しめる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2007/12/31)  ⇒  10位 (2008/1/7)  ⇒  17位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2007/12/31)  ⇒  4位 (2008/1/7)  ⇒  10位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2007/12/31)  ⇒  4位 (2008/1/7)  ⇒  4位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2008/1/7)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    10位 (2007/12/31)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    5位 (2007/12/31)  ⇒  6位 (2008/1/7)  ⇒  11位 (1/14)
収録曲
01INTRODUCTION
美しく端正なメロディ・ラインとジャジィに洗練されたアレンジが、スタイリッシュなピアノ・バラード。憂いを帯びたピアノの繊細な演奏の背後に流れる揺らめくような効果音が、宇宙空間に迷い込んだような不思議な音世界を作っている。
02YOU CAN MAKE IT (feat.Tasita D'Mour)
UKソウル界のタシータ・ドムールをヴォーカルに起用したディープ・ヴォーカル・ハウス。色っぽくシルキーな歌声とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のキリル・コバンチェンコのヴァイオリンが、気品あふれるソウルネスを作っている。
03BECAUSE OF YOU (album mix) (feat.Heather Johnson)
ストリングスやピアノの生音が、美しくも切なく胸に迫るアーバン・ハウス・チューン。彼の本領ともいえる、技巧を凝らした白熱のピアノ・ソロも聴かせてくれる。ヴォーカルはアナンダ・プロジェクトのヒーサー・ジョンソンが担当。
04ELEVATE YOUR MIND (feat.Tasita D'Mour)
“エモーショナル&ドラマティックな曲を作るよう心掛けた”というナンバー。サックスの華やかな音と歌心あふれるダンス・グルーヴ、そして艶やかな女性の歌声がソウルフルだ。ヴォーカルは可愛さと力強さを持つタシータ・ドムール。
05PLANETARY TRACK
テクノ・サウンドを取り入れ、彼の新たな方向性を示したテクノ・インストゥルメンタル。技巧的に打ち込まれる鮮やかなミニマル・ビートを背景に、キーボードの温かみのある演奏と各所に現れる冒険的な音遊びが彼らしい。
06SO FAR AWAY
清涼感を漂わせる切ないピアノ演奏を中心に置いた、スタイリッシュなハウス・インストゥルメンタル。ラウンジ感覚に満ちたシンプルなメロディのようで実は高度なピアノの演奏技術が随所に差し込まれているのも、粋にしてクール。
07IT MAKES ME FEEL LIKE DANCIN' (feat.Carolyn Harding)
ハウス・ガラージの伝説的シンガー、キャロライン・ハーディングが参加した、華やかなファンキー・ハウス・ナンバー。80年代のニューミュージックをハウス風に変えたようなメロディが親しみやすい。軽快に響くビートも爽快。
08BELIEVE (feat.Gordon Chambers)
甘くスムースなゴードン・チェンバースの歌声が映える、美しく華麗なダンス・クラシックス。SWING-Oの都会的な雰囲気を持つキーボードが、しっとりと魅惑的な音世界を作っている。サックスの鮮やかなフレーズも刺激的だ。
09COSMIC LULLABY
“宇宙の子守唄”と名づけられた、浮遊感漂うハウス・インストゥルメンタル。ストリングスの優しくたおやかな音色を前面に出しつつ、緩やかなダンス・ビートを取り入れた構成が巧み。子守唄の安らぎと宇宙の神秘を融合させているよう。
10BRIGHT LIKE LIGHT (album mix) (feat.Lena fujii)
モデルの藤井リナをヴォーカルに起用した、メロディアスなエレクトロ・ハウス。甘くキュートなリナの歌声がダンサブルなエレクトロ・ビートと重なり、洒落た雰囲気を作っている。メロディの強さとポップな音作りに重点を置いている。
11MELODY (feat.Karin)
シンセサイザーを多用した清々しいメロディと鼓動のように響く低音ビートが心地良いミディアム・ヴォーカル・ハウス。ゴスペル経験を持つカリンの伸びやかな歌声が、爽やかでありながら深みのある音の世界を作っている。
アーティスト
  • DJ KAWASAKI
    日本のDJ/プロデューサー。ハウス/クロスオーヴァーを中心に活動し、2000年より本格的に音楽制作を開始。2005年、「BLAZIN'」で世界デビューを果たす。翌年、『BEAUTIFUL』でアルバム・デビュー。以降、KYOTO JAZZ M……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015