フランツ・フェルディナンド / ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター [限定]

はてなブックマークに追加
フランツ・フェルディナンド / ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター [限定]
CD
ミニ・レビュー
衝撃のデビュー作で、停滞していたロック・シーンを活性化させた救世主フランツ。そんな彼らのセカンド作がこれ! 音はファーストよりもさらにソリッドかつ作り込まれた音に。ファッションも含め今のユース・カルチャーをリードしているのはまさに彼らだ。(結)
ガイドコメント
イギリスはグラスゴー出身の4ピース・バンド、フランツ・フェルディナンドの2ndアルバム。アート感覚にあふれたスタイリッシュなサウンドはまさに21世紀を代表するロックンロールだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/9/26)  ⇒  2位 (10/3)  ⇒  4位 (10/10)  ⇒  5位 (10/17)  ⇒  8位 (10/24)  ⇒  18位 (10/31)  ⇒  16位 (11/7)  ⇒  23位 (11/14)  ⇒  15位 (11/21)  ⇒  10位 (11/28)  ⇒  14位 (12/4)  ⇒  8位 (12/12)  ⇒  7位 (12/19)  ⇒  9位 (2006/1/2)  ⇒  19位 (1/9)  ⇒  35位 (1/16)  ⇒  39位 (1/23)  ⇒  27位 (1/30)  ⇒  34位 (2/6)  ⇒  32位 (2/13)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/9/26)  ⇒  2位 (10/3)  ⇒  3位 (10/10)  ⇒  5位 (10/17)  ⇒  6位 (10/24)  ⇒  12位 (10/31)  ⇒  10位 (11/7)  ⇒  17位 (11/14)  ⇒  14位 (11/21)  ⇒  10位 (11/28)  ⇒  14位 (12/4)  ⇒  8位 (12/12)  ⇒  5位 (12/19)  ⇒  8位 (2006/1/2)  ⇒  4位 (1/9)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2005/9/26)  ⇒  3位 (10/3)  ⇒  4位 (10/10)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2005/9/26)  ⇒  2位 (10/3)  ⇒  3位 (10/10)  ⇒  4位 (10/17)  ⇒  6位 (12/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2005/9/26)  ⇒  3位 (10/3)  ⇒  4位 (10/10)  ⇒  8位 (10/17)  ⇒  7位 (10/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2005/9/26)  ⇒  3位 (10/3)  ⇒  3位 (10/10)  ⇒  7位 (10/17)  ⇒  9位 (10/24)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/9/26)  ⇒  1位 (10/3)  ⇒  1位 (10/10)  ⇒  1位 (10/17)  ⇒  1位 (10/24)  ⇒  5位 (10/31)  ⇒  5位 (11/7)  ⇒  4位 (11/14)  ⇒  5位 (11/21)  ⇒  3位 (11/28)  ⇒  4位 (12/4)  ⇒  2位 (12/12)  ⇒  2位 (12/19)  ⇒  3位 (2006/1/2)  ⇒  8位 (1/9)  ⇒  12位 (1/16)  ⇒  13位 (1/23)  ⇒  12位 (1/30)  ⇒  11位 (2/6)  ⇒  8位 (2/13)
収録曲
01THE FALLEN
80年代の匂いと現代のスタイリッシュさが同居した、フランツの真骨頂といえるナンバー。横ノリの絶妙なリフに乗っていくと、どんどんメロディが変化していく感覚や、ユーモラスなコーラスが心地良い。
02DO YOU WANT TO
“女の子を躍らせる”ためバンドを始めた彼らの思惑通り、女の子はもちろん、男、子ども、年寄り……誰もが踊りだすようなグラマラスなパーティ・チューン。アナログな音質からデジタルに変化するイントロも、ドラッギーな魅力たっぷり。
03THIS BOY
縦ノリのビートが効いた、フランツ史上最高にアグレッシヴなナンバー。彼らならではのスタイリッシュさにあふれつつも、ヘヴィ・メタル的な呪術的ギターとアレックスの低音ヴォーカルがフィットしている。
04WALK AWAY
フランツには珍しい、“聴かせる”系のメロ重視の楽曲。緩やかで遠くから流れるラジオを聴いているような序盤から、サビで一気にひきつける音作りはさすが。悲しい歌もどこか突き放すように歌うアレックスの声がクール。
05EVIL AND A HEATHEN
変にこもって響く音質から、感情を露わにするアレックスのヴォーカル・スタイル、ロカビリーを取り入れた跳ねたリズムと、すべてが新しくコンセプチュアルに作りこまれた楽曲。“ロック”の持つ暴力性を凝縮したかっこよさのある作品だ。
06YOU'RE THE REASON I'M LEAVING
マイナー調の楽曲に、フランツ特有のキレのあるビートとクールなギターが活きたロック・ナンバー。裏に流れるメロディも地味ながらフックが効いている。ラジオからR.E.M.が聴こえてくる、という歌詞が印象的。
07ELEANOR PUT YOUR BOOTS ON
ピアノとアコースティック・ギターの音色、アレックスのささやくようで力強い歌い回しなど、楽曲を構成するすべてが優しいナンバー。サウンド、詞世界ともにボブ・ディランからの影響を強く感じる作品だ。
08WELL THAT WAS EASY
疾走感とスタイリッシュさに心地よく乗っていくと一気にスロー・ダウン。そしてサビで劇的に盛り上がってはスローに、とリズム・チェンジの激しい個性的なナンバー。エロティックなギターも、全体の味付けに効果的に響いている。
09WHAT YOU MEANT
ドラッグを題材にした不思議な世界観のナンバー。ハード・ロック的なギター・リフと後期ビートルズ風のメロディ、サイケデリックを思わせる音作りが絶妙に絡み合って心地良い、珠玉のポップ・チューン。
10I'M YOUR VILLAIN
フランツの過去作品の雰囲気と同時に、新しさも兼ね備えたベース・ラインの素晴らしいナンバー。パンキッシュなサビへ導いていく、重なるギターのリフやドラムも賑やかでキャッチー。
11YOU COULD HAVE IT SO MUCH BETTER
フランツのなかでも特にハードな一面を剥き出しにしたような、アルバムの表題曲でもあるハード・ロック・チューン。たたみ掛けるようなギター・リフと、負けじと熱くなるアレックスのヴォーカルが爽快。
12FADE TOGETHER
悲しげに奏でるアコギとピアノ、不穏な空気を運ぶようなベースが、“二人で逃げよう”という愛の歌を、決して完璧な幸せには映さない世界観へ作り上げている。サイケデリックな魅力も湛えた不思議な雰囲気のナンバー。
13OUTSIDERS
タイトに刻まれるギターのリフがクールな印象を残す、都会的な作品。“僕らは僕らの道を行く”と歌う詞とともに、不安な世の中を表わすような複雑なリズムが、鋭い視線に満ちたナンバーだ。
14YOUR DIARY
彼らの2ndアルバム『ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター』の日本盤ボーナス・トラックとして収録されたナンバー。クールなギター・リフ、グラマラスでキャッチーなメロディと、フランツの魅力を凝縮したような作品だ。
15FABULOUSLY LAZY
フランツの2ndアルバムに、日本盤ボーナス・トラックとして収録されたナンバー。複雑なリズムの多い彼らの楽曲の中でも、かなりストレートでポップなロック・チューン。美しいコーラスの重なるサビが非常にキャッチー。
(14)(15)ボーナストラック
タイアップ
  • 「DO YOU WANT TO」 - ソニー「NETJUKE」
  • 「DO YOU WANT TO」 - フジテレビ「Paradise Kiss」エンディングテーマ
  • 「DO YOU WANT TO」 - ソニー「Sony Walkman Aシリーズ」CFソング
  • 「DO YOU WANT TO」 - ソニー「Sony Walkman Aシリーズ」CMソング
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • フランツ・フェルディナンド
    スコットランド・グラスゴー出身のロック・バンド。バンド名はサラエボ事件で暗殺されたオーストリア皇太子の名前から。アレックス(アレクサンダー・カプラノス)、ボブ(ロバート・ハーディ)を中心に2001年に結成。2003年のシングル「ダーツ・オブ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015