氣志團 / 夢見る頃を過ぎても

はてなブックマークに追加
氣志團 / 夢見る頃を過ぎても
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    YUME MIRU KORO WO SUGITEMO
  • ジャンル:
    アニメーション
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-4845
  • 価格:
    952 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    氣志團 / 夢見る頃を過ぎてもをAmazon.co.jpで購入する氣志團 / 夢見る頃を過ぎてもをHMV.co.jpで購入する氣志團 / 夢見る頃を過ぎてもを楽天ブックスで購入する氣志團 / 夢見る頃を過ぎてもを@TOWER.JPで購入する
    氣志團 / 夢見る頃を過ぎてもを山野楽器で購入する氣志團 / 夢見る頃を過ぎてもをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
人気アニメ映画『ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』の主題歌。ロックンロールあり、ヒップホップ気取りあり、音頭風ありと、いかにも氣志團らしい何でもありの内容。一貫して、つっぱりエンタテインメントに徹した姿勢はまだまだ健在。
ガイドコメント
2004年に東京ドーム公演とベスト盤のリリースで一区切りを付けた彼らの次のステージへの第一歩となるシングル。2005年公開アニメ映画『ワンピースTHE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』主題歌。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    6位 (2005/2/28)
収録曲
01夢見る頃を過ぎても
アニメ映画『ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(2005年)主題歌の8thシングル。“大人になるまで”の詞やサビ前のドラの音などアニメを意識しているが、明快でシンプルなロックとして純粋に質が高いキラー・チューン。
02アンドロメダの先輩〜押忍ペラーズのテーマ〜 (押忍ペラーズ)
氣志團有志で無理矢理結成させられた高円寺高架下系ヒップホップ・グループのテーマ曲。ファットなベース・ラインを基調とし、泥臭くファンキーなフックへ展開。おふざけにしてはなかなか堂に入ってるライミングなど、完成度も高い。
03いやさか!マッスル音頭 (白鳥雪之丞 with THE POWER ROAD MOUNTAINS)
ドラムの白鳥雪之丞にスポット・ライトを当てたコミック音頭。『Dr.スランプ』や「ドラえもんのえかきうた」、さらには細川たかし「北酒場」のフレーズまでも絶妙な感覚で盛り込んだ、氣志團の旨みを存分に活かしたおバカ・ソング。
タイアップ
  • 「夢見る頃を過ぎても」 - 東映「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」主題歌
アーティスト
  • 氣志團
    1997年に結成された“ヤンキー系”ロック・バンド。メンバーは、綾小路翔(vo)、早乙女光(ダンス)、星グランマニエ(g)、西園寺瞳(g)、白鳥松竹梅(b)、白鳥雪之丞(ds)(=無期限休学中)。80年代のヤンキー・ファッションに身を包んだ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015