童子-T/12 Love Stories Live Tour 2009 at Shibuya C.C.Lemon Hall [DVD] [2009/10/14発売]DOUBLE/DOUBLE BEST LIVE We R&B TOUR FINAL@STUDIO COAST [DVD] [2008/11/26発売]DOUBLE/DOUBLE BEST LIVE We R&B TOUR FINAL@STUDIO COAST〈初回限定COMPLETE盤・2枚組〉 [DVD] [2008/11/26発売]童子-T/COMPLETE CLIPS [DVD] [2007/12/05発売]RHYMESTER/KING OF STAGE Vol.7〜メイドインジャパン at 日本武道館〜〈2枚組〉 [DVD] [2007/12/05発売]Full Of Harmony / Last Best To The Future [CD+DVD] [CD] [アルバム] [2015/10/21発売]Full Of Harmony / VISIBLE [CD] [アルバム] [2013/07/10発売]Full Of Harmony / BEST FEAT 9909 [CD] [アルバム] [2009/01/14発売]Full Of Harmony / ENERGY [CD] [アルバム] [2008/04/30発売]Full Of Harmony / White Album:Winter Best [CD] [アルバム] [2007/11/14発売]童子-T / 悲しみにさよなら feat.Full Of Harmony [CD] [シングル] [2007/05/16発売]Full Of Harmony / W [CD] [アルバム] [2007/04/04発売]Full Of Harmony / G.O.O.D TIMES feat.Teddy Riley [CD] [シングル] [2007/03/21発売]Full Of Harmony / SWEET NOVEMBER [CD] [シングル] [2006/11/22発売]Full Of Harmony / BRAND NEW DAY [CD] [シングル] [2006/09/20発売]

Full Of Harmony

Full Of Harmony (フル・オブ・ハーモニー)
MyCDJ お気に入りリストに「Full Of Harmony(Full Of Harmony) - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
Full Of Harmony
Full Of Harmony
1997年結成の日本のヴォーカル・グループ。メンバーはARATA、 HIRO、YUTAKAの3名。99年に“F.O.H”として発表したシングル「BABY」が反響を呼び、2000年にシングル「BE ALRIGHT」でメジャー・デビュー。Zeebraのツアーに帯同し全国にその名を知らしめる。2004年に“Full Of Harmony”へ改名。以降、スウィートなヴォーカルワークを駆使する実力派として活躍。Ne-Yoやテディ・ライリーなど海外勢との交流も深い。2015年10月のベスト・アルバム『Last Best To The Future』に続き、2016年2月にはキャリア初のミックス・アルバムを2タイプでリリース。
  • Full Of Harmonyの情報を以下のサイトでもみる
    Full Of Harmonyの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる Full Of Harmonyの作品一覧をHMV ONLINEで調べる Full Of Harmonyの作品一覧を楽天ブックスで調べる Full Of Harmonyの作品一覧を@TOWER.JPで調べる Full Of Harmonyの作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015