Full Of Harmony / Last Best To The Future [CD+DVD] [CD] [アルバム] [2015/10/21発売]Full Of Harmony / VISIBLE [CD] [アルバム] [2013/07/10発売]Full Of Harmony / BEST FEAT 9909 [CD] [アルバム] [2009/01/14発売]Full Of Harmony / ENERGY [CD] [アルバム] [2008/04/30発売]Full Of Harmony / White Album:Winter Best [CD] [アルバム] [2007/11/14発売]童子-T / 悲しみにさよなら feat.Full Of Harmony [CD] [シングル] [2007/05/16発売]Full Of Harmony / W [CD] [アルバム] [2007/04/04発売]Full Of Harmony / G.O.O.D TIMES feat.Teddy Riley [CD] [シングル] [2007/03/21発売]Full Of Harmony / SWEET NOVEMBER [CD] [シングル] [2006/11/22発売]Full Of Harmony / BRAND NEW DAY [CD] [シングル] [2006/09/20発売]Full Of Harmony / DRAMA [CD] [アルバム] [2006/01/11発売]Full Of Harmony / YOU&I [CD] [シングル] [2005/11/09発売]Full Of Harmony / PARTY TIME [CD] [シングル] [2005/07/21発売]Full Of Harmony / PROJECT VIKING [再発] [CD] [アルバム] [2005/06/29発売]Full Of Harmony / F.O.H2 [再発] [CD] [アルバム] [2005/06/29発売]

Full Of Harmony

Full Of Harmony (フル・オブ・ハーモニー)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
Full Of Harmony
Full Of HarmonyFull Of Harmony
1997年結成の日本のヴォーカル・グループ。メンバーはARATA、 HIRO、YUTAKAの3名。99年に“F.O.H”として発表したシングル「BABY」が反響を呼び、2000年にシングル「BE ALRIGHT」でメジャー・デビュー。Zeebraのツアーに帯同し全国にその名を知らしめる。2004年に“Full Of Harmony”へ改名。以降、スウィートなヴォーカルワークを駆使する実力派として活躍。Ne-Yoやテディ・ライリーなど海外勢との交流も深い。2015年10月のベスト・アルバム『Last Best To The Future』に続き、2016年2月にはキャリア初のミックス・アルバムを2タイプでリリース。
  • Full Of Harmonyの情報を以下のサイトでもみる
    Full Of Harmonyの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる Full Of Harmonyの作品一覧をHMV ONLINEで調べる Full Of Harmonyの作品一覧を楽天ブックスで調べる Full Of Harmonyの作品一覧を@TOWER.JPで調べる Full Of Harmonyの作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015