シューマン、サン=サーンス:チェロ協奏曲集 / チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 メネセス(VC) クルス / ロイヤル・ノーザン・シンフォニア [CD] [アルバム] [2017/11/21発売]ポッパー:チェロ協奏曲、森のなかで、小品さまざま メネセス(VC) ゾルマン / バーゼルso. [デジパック仕様]  [CD] [アルバム] [2014/11/14発売]C.P.E.バッハ:チェロ協奏曲全集(全3曲) メネセス(VC) ミュンヘンco. [デジパック仕様]  [CD] [アルバム] [2014/02/07発売]ウィグモア・ホール・リサイタル ピリス(P) メネセス(VC) [SHM-CD] [アルバム] [2013/02/27発売]ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全集&変奏曲集 メネセス(VC) [2CD] [CD] [アルバム] [2008/05/21発売]ヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P) [CD] [アルバム] [2007/03/26発売]

アントニオ・メネセス

Antonio Meneses (アントニオ・メネセス)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1957年、ブラジル・レシフェ生まれのチェロ奏者。音楽一家で育ち、10歳からチェロを始める。16歳の時渡欧し、アントニオ・ヤニグロの門下生として学ぶ。77年にミュンヘン国際音楽コンクールで1位、82年にモスクワのチャイコフスキー国際コンクールで1位と金賞に輝く。以降、ベルリン・フィル、コンセルトヘボウ管、ウィーン・フィルなど世界の主要オーケストラ、カラヤン、ヤンソンス、ヤルヴィ、アバドら名指揮者と共演。ザルツブルク、プラハの春など音楽祭にも招かれるなど世界の桧舞台で活躍するほか、録音も活発。98〜2008年にはピアノ三重奏団のボザール・トリオにも参加。また、2008年よりベルン音楽院で後進の指導にあたっている。
  • アントニオ・メネセスの情報を以下のサイトでもみる
    アントニオ・メネセスの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる アントニオ・メネセスの作品一覧をHMV ONLINEで調べる アントニオ・メネセスの作品一覧を楽天ブックスで調べる アントニオ・メネセスの作品一覧を@TOWER.JPで調べる アントニオ・メネセスの作品一覧を山野楽器で調べる 

本文中にアントニオ・メネセスが登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集/企画)の一覧です。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015