Francis Lai (フランシス・レイ)
はてなブックマークに追加
プロフィール
1932年4月26日生まれ、仏・ニース出身の作曲家。本名はフランシス・アルベルト・レイ。エレキ・アコーディオンの創案者。60年代後半から活動し、音楽家/俳優/歌手のピエール・バルーとコンビを組んでシャンソンを作曲。多くの映画音楽を担当し、特に66年の映画『男と女』をはじめ、クロード・ルルーシュ監督とのコンビによる映画音楽作品は著名。70年の映画『ある愛の詩』ではアカデミー作曲賞を受賞。ほかに『娘と鉄砲』『パリのめぐり逢い』『白い恋人たち』『個人教授』『雨の訪問者』『流れ者』など。仏映画音楽を代表する作曲家として、日本でもファンが多い。2018年11月7日にニースで死去。86歳没。
  • フランシス・レイの情報を以下のサイトでもみる
    フランシス・レイの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる フランシス・レイの作品一覧を@TOWER.JPで調べる フランシス・レイの作品一覧をHMV ONLINEで調べる フランシス・レイの作品一覧を楽天ブックスで調べる 
CDJ PUSH (インタビュー/特集)
本文中にフランシス・レイが登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集)の一覧です。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015