Franco Bonisolli (フランコ・ボニゾッリ)
はてなブックマークに追加
プロフィール
1938年、北イタリアのロヴェレート生まれのテノール歌手。2003年10月30日没。61年のスポレート声楽コンクールに優勝、同年のスポレート音楽祭でプッチーニの『つばめ』のルッジェーロ役を歌ってオペラ・デビューを果たした。68年にウィーン国立歌劇場、69年にはミラノ・スカラ座にデビューして世界の主要歌劇場を席巻。78年にはカラヤン指揮の『トロヴァトーレ』の舞台公開稽古中、カラヤンと対立して帰ってしまうという武勇伝を残した。この時、代役に立ったのがドミンゴだった。レコーディングはかならずしも多くないが、欧米の歌劇場に登場する頻度は高く、テノールにとって至難とされる高いハ音(High−C)を長く延ばして聴かせ、その渾身からの歌唱は聴衆を熱狂させた。ヴェルディの『トロヴァトーレ』のマンリーコ役、プッチーニの『トゥーランドット』のカラフ役などを得意とし、86年にはオーストリア宮廷歌手の称号を贈られた。
    • フランコ・ボニゾッリの情報を以下のサイトでもみる
      フランコ・ボニゾッリの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる フランコ・ボニゾッリの作品一覧を@TOWER.JPで調べる フランコ・ボニゾッリの作品一覧をHMV ONLINEで調べる フランコ・ボニゾッリの作品一覧を楽天ブックスで調べる 
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
    [インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
    [インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
    [インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
    [特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
    [インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
    https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
    e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
    Kaede 深夜のつぶやき
    弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015