Gabriel Urbain Faure (ガブリエル・ユルバン・フォーレ)
はてなブックマークに追加
プロフィール
1845年5月12日、仏アリエージュ県パミエ生まれのフランスの作曲家。ガブリエル・ユルバン・フォーレ。幼少期からオルガンに触れるうち、才能を見出される。パリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校にて、カミーユ・サン=サーンスらに師事。65年の卒業後、教会オルガニストを経て、71年にフランス国民音楽協会の設立に参加。フランス近代音楽の確立に努め、歌曲ではドビュッシーらに影響を与える。パリ音楽院ではラヴェルやF・シュミットらを育成。その後、マドレーヌ教会主席ピアニスト、フランス国立音楽・演劇学校教授にも就任。代表作は『レクイエム』ほか。室内楽作品に名作が多い。1924年11月4日、肺炎のためパリで死去。
  • ガブリエル・ユルバン・フォーレの情報を以下のサイトでもみる
    ガブリエル・ユルバン・フォーレの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる ガブリエル・ユルバン・フォーレの作品一覧を@TOWER.JPで調べる ガブリエル・ユルバン・フォーレの作品一覧をHMV ONLINEで調べる ガブリエル・ユルバン・フォーレの作品一覧を楽天ブックスで調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015