GEORGE SZELL (ジョージ・セル)
はてなブックマークに追加
プロフィール
指揮者。1897年ハンガリーのブダペスト生まれ。1970年没。3歳の時ウィーンへ行き、11歳でウィーン響とピアニストとして共演。17歳でベルリン・フィルを指揮して自作を発表するという神童だった。15年にR・シュトラウスに認められベルリン国立歌劇場の練習指揮者になり、以降プラハ・ドイツ歌劇場の総監督にまで昇りつめる。46年からクリーヴランド管の音楽監督に就任し、世界的なオーケストラに育てた。凝縮された無駄のない演奏で知られる。
    • ジョージ・セルの情報を以下のサイトでもみる
      ジョージ・セルの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる ジョージ・セルの作品一覧をHMV ONLINEで調べる ジョージ・セルの作品一覧を楽天ブックスで調べる ジョージ・セルの作品一覧を@TOWER.JPで調べる ジョージ・セルの作品一覧を山野楽器で調べる 
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
    [インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
    [インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
    [インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
    [インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
    [インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
    https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
    e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
    Kaede 深夜のつぶやき
    新譜情報
    ※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015