Ginnan Boys (ギンナン・ボーイズ)
はてなブックマークに追加
プロフィール
銀杏BOYZ
銀杏BOYZ銀杏BOYZ銀杏BOYZ銀杏BOYZ
GOING STEADY解散後、峯田和伸(vo)のソロ名義ユニットとして始動。活動開始後すぐに、元GOING STEADYのメンバーの安孫子真哉(b)と村井守(ds)、チン中村(g)が加入。2005年1月15日には、自身のレーベル〈初恋妄℃学園〉より1stアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』『DOOR』を2枚同時リリース。インディながらも全国的なヒットを記録し話題を呼ぶと同時に、激しいライヴ・パフォーマンスで熱烈な支持を集める。2013年末、9年ぶりとなるアルバムのリリースを目前に安孫子、村井、チン中村が脱退。翌年1月にアルバムを2枚同時リリースし、バンドは峯田のソロ・プロジェクトとなり継続している。
  • 銀杏BOYZの情報を以下のサイトでもみる
    銀杏BOYZの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 銀杏BOYZの作品一覧を@TOWER.JPで調べる 銀杏BOYZの作品一覧をHMV ONLINEで調べる 銀杏BOYZの作品一覧を楽天ブックスで調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015