グレッグ・レイク / ライヴ・アット・ザ・ハマースミス・オデオン '81 [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2017/02/24発売]グレッグ・レイク / フロム・ジ・アンダーグラウンド VOL.2-ディーパー・イントゥ・ザ・マイン [紙ジャケット仕様] [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2010/04/21発売]グレッグ・レイク / フロム・ジ・アンダーグラウンド VOL.1 [紙ジャケット仕様] [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2010/04/21発売]グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーア / グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーア2〜マヌーヴァーズ [紙ジャケット仕様] [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2010/04/21発売]グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーア / グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーア [紙ジャケット仕様] [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2010/04/21発売]グレッグ・レイク / イン・コンサート [紙ジャケット仕様] [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2010/04/21発売]グレッグ・レイク / キング・ビスケット・ライヴ [廃盤] [CD] [アルバム] [1996/10/21発売]

グレッグ・レイク

Greg Lake (グレッグ・レイク)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1947年11月10日生まれ、英・ドーセット州プール出身のミュージシャン/プロデューサー。本名はグレゴリー・ステュアート・レイク。ローカル・バンドなどを経て、同郷のロバート・フリップに誘われてキング・クリムゾンに参加し、69年にアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』でデビュー。70年の『ポセイドンのめざめ』直後に脱退し、エマーソン、レイク&パーマー(ELP)を結成。世界的な人気を博すも80年に解散。その後、ソロや共演を精力的に行ない、83年にはエイジアにも参加。92年にELP復活作『ブラック・ムーン』を発表、世界ツアーを行なうも、以降は断続的な活動に留まる。2016年12月7日に死去。69歳没。
  • グレッグ・レイクの情報を以下のサイトでもみる
    グレッグ・レイクの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる グレッグ・レイクの作品一覧をHMV ONLINEで調べる グレッグ・レイクの作品一覧を楽天ブックスで調べる グレッグ・レイクの作品一覧を@TOWER.JPで調べる グレッグ・レイクの作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015