Karel Ancerl (カレル・アンチェル)
はてなブックマークに追加
プロフィール
1908年、チェコのトゥカピ生まれの指揮者。1973年、カナダにて没。1925年からプラハ音楽院でターリヒに指揮を学ぶ。1933年プラハ放送響の音楽監督に就任するが、1939年にナチス・ドイツによりプラハが占領され、ナチスの非協力者として家族全員がアウシュビッツ強制収容所に入れられた。そこで父母、妻子は虐殺された。1947年からプラハ放送響の指揮者を経て、1950年にチェコ・フィルの常任指揮者に就任。1969年チェコ・フィルとのアメリカ演奏旅行中にプラハの春事件が起こり、彼はそのまま亡命し、同時にチェコ・フィルを辞任した。亡命後は小澤征爾の後任としてカナダのトロント響の常任指揮者を務めた。現代音楽とチェコの音楽のスペシャリストで、伝説の名指揮者の一人。
    • カレル・アンチェルの情報を以下のサイトでもみる
      カレル・アンチェルの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる カレル・アンチェルの作品一覧を@TOWER.JPで調べる カレル・アンチェルの作品一覧をHMV ONLINEで調べる カレル・アンチェルの作品一覧を楽天ブックスで調べる 
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
    [インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
    [インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
    [インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
    [インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
    [インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
    https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
    https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
    e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
    Kaede 深夜のつぶやき
    弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015