毛皮のマリーズ / MARIES MANIA [2CD] [CD] [アルバム] [2014/03/19発売]毛皮のマリーズ / MARIES MANIA [紙ジャケット仕様] [2CD+DVD] [限定] [CD] [アルバム] [2014/03/19発売]毛皮のマリーズ / THE END [CD] [アルバム] [2011/09/07発売]毛皮のマリーズ / THE END [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定] [CD] [アルバム] [2011/09/07発売]毛皮のマリーズ / ティン・パン・アレイ [CD] [アルバム] [2011/01/19発売]毛皮のマリーズ / ティン・パン・アレイ [CD+DVD] [限定] [CD] [アルバム] [2011/01/19発売]毛皮のマリーズ / メリー・ルー [CD] [シングル] [2010/10/27発売]毛皮のマリーズ / メリー・ルー [限定] [CD] [シングル] [2010/10/27発売]毛皮のマリーズ / 毛皮のマリーズ [CD] [アルバム] [2010/04/21発売]毛皮のマリーズ / Gloomy [CD] [アルバム] [2009/04/08発売]毛皮のマリーズ / ビューティフル / 愛する or die [CD] [シングル] [2008/12/03発売]毛皮のマリーズ / Faust C.D. [CD] [ミニアルバム] [2008/05/14発売]毛皮のマリーズ / マイ・ネーム・イズ・ロマンス [CD] [アルバム] [2007/12/05発売]

毛皮のマリーズ

KEGAWA NO MARIES (ケガワノ・マリーズ)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
毛皮のマリーズ
毛皮のマリーズ毛皮のマリーズ毛皮のマリーズ毛皮のマリーズ毛皮のマリーズ毛皮のマリーズ毛皮のマリーズ
2003年に東京で結成されたロック・バンド。志磨遼平(vo)、越川和磨(g)、栗本ヒロコ(b)、富士山富士夫(ds)の4人編成。結成直後からライヴを積極的に展開、2006年からはアルバム『戦争をしよう』を皮切りにインディーズでリリース活動を行なう。熱狂的なライヴ・パフォーマンスと独特の存在感で人気を拡大し、インディーズ・ロック・シーンの中軸で活躍。2010年にアルバム『毛皮のマリーズ』で満を持してメジャーへ進出、持ち味のガレージ/ロックンロール・サウンドを存分に披露した。バンド名は寺山修司の戯曲「毛皮のマリー」に由来する。2011年12月5日の武道館公演をもって解散。
  • 毛皮のマリーズの情報を以下のサイトでもみる
    毛皮のマリーズの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 毛皮のマリーズの作品一覧をHMV ONLINEで調べる 毛皮のマリーズの作品一覧を楽天ブックスで調べる 毛皮のマリーズの作品一覧を@TOWER.JPで調べる 毛皮のマリーズの作品一覧を山野楽器で調べる 毛皮のマリーズをiTunes Storeで調べる 毛皮のマリーズをAppleMusicで調べる
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015