Klaus Tennstedt (クラウス・テンシュテット)
はてなブックマークに追加
プロフィール
1926年6月6日、ドイツのメルゼブルク生まれの指揮者。1998年1月11日、キールにて没。ライプツィヒ音楽院でピアノとヴァイオリンを学び、1948年からハレ市立歌劇場でコンサートマスターを務め、ドイツ東西分断後も東に留まった。まもなく手の故障のため指揮者に転じたが、国際的な活動の機会はなかった。1971年、スウェーデンのエーテボリ響への客演後、亡命した彼は、ようやく国際的に活躍を始める。1974年にはボストン響の招きでブルックナーを演奏し、絶賛を博した。1979年北ドイツ放送響、1983年ロンドン・フィルなどの首席指揮者を歴任、とりわけマーラーやブルックナーの演奏は高く評価されていた。
    • クラウス・テンシュテットの情報を以下のサイトでもみる
      クラウス・テンシュテットの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる クラウス・テンシュテットの作品一覧を@TOWER.JPで調べる クラウス・テンシュテットの作品一覧をHMV ONLINEで調べる クラウス・テンシュテットの作品一覧を楽天ブックスで調べる 
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
    [インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
    [インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
    [インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
    [インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
    [インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
    https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
    https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
    e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
    Kaede 深夜のつぶやき
    弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015