MISIA / 君のそばにいるよ [CD] [シングル] [2017/11/29発売]MISIA / SOUL JAZZ SESSION [デジパック仕様] [Blu-spec CD2] [アルバム] [2017/07/26発売]MISIA / MISIA 星空のライヴ SONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE [デジパック仕様] [2CD] [CD] [アルバム] [2016/03/09発売]MISIA / LOVE BEBOP [CD] [アルバム] [2016/01/06発売]MISIA / オルフェンズの涙 [CD] [シングル] [2015/11/25発売]MISIA / オルフェンズの涙 [デジパック仕様] [限定] [CD] [シングル] [2015/11/25発売]MISIA / 白い季節 / 桜ひとひら [限定] [CD] [シングル] [2015/02/18発売]MISIA / NEW MORNING [CD] [アルバム] [2014/04/02発売]MISIA / NEW MORNING [CD+DVD] [限定] [CD] [アルバム] [2014/04/02発売]MISIA / 僕はペガサス 君はポラリス [CD] [シングル] [2014/02/05発売]MISIA / 幸せをフォーエバー [CD] [シングル] [2013/09/04発売]MISIA / Super Best Records-15th Celebration- [3CD] [Blu-spec CD2] [アルバム] [2013/02/20発売]MISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰) [CD] [シングル] [2012/12/19発売]MISIA / DEEPNESS [CD] [シングル] [2012/11/07発売]MISIA / 恋は終わらないずっと [CD] [シングル] [2012/06/20発売]

MISIA

Misia (ミーシャ)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
MISIA
MISIAMISIAMISIAMISIAMISIAMISIAMISIAMISIAMISIA
MISIAMISIAMISIAMISIAMISIAMISIAMISIA
1978年7月7日生まれ、長崎県出身のシンガー・ソングライター。98年にシングル「つつみ込むように…」でデビュー以来、圧倒的な歌唱力で幅広いファンを獲得し、日本の“R&Bディーヴァ”ブームを牽引。以来「Everything」「逢いたくていま」などジャンルにとらわれない名曲を放ち“バラードの女王”の異名も。長期にわたるツアーなどライヴにも精力的。アジアや世界でも活躍の場を持ち、世界的視野での社会貢献活動にも注力。2017年の自身初のソウル・ジャズ作『MISIA SOUL JAZZ SESSION』を経て、2018年に通算13枚目のアルバム『Life is going on and on』をリリース。
  • MISIAの情報を以下のサイトでもみる
    MISIAの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる MISIAの作品一覧をHMV ONLINEで調べる MISIAの作品一覧を楽天ブックスで調べる MISIAの作品一覧を@TOWER.JPで調べる MISIAの作品一覧を山野楽器で調べる MISIAをiTunes Storeで調べる MISIAをAppleMusicで調べる
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015