渡辺貞夫、宮沢昭、伊集加代子 他 / ラテン・バロック・コレクション [SHM-CD] [アルバム] [2018/12/05発売]中牟礼貞則 / ライブ・アット・シャイニー・ストッキングス [SHM-CD] [アルバム] [2018/11/28発売]渡辺貞夫 / ボサ・ノヴァ・コンサート [紙ジャケット仕様] [限定] [CD] [アルバム] [2018/04/18発売]渡辺貞夫 / ジャズ&ボッサ [紙ジャケット仕様] [限定] [CD] [アルバム] [2018/04/18発売]岡安芳明&中牟礼貞則 / ギタリスト [CD] [アルバム] [2016/12/07発売]さくら / ロゼ [CD] [アルバム] [2016/01/20発売]高樹レイ With 中牟礼貞則 / DUO-one [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2015/07/25発売]菊地雅章+ギル・エヴァンス・オーケストラ / 菊地雅章+ギル・エヴァンス・オーケストラ[+2] [限定] [CD] [アルバム] [2015/05/20発売]アン・バートン / バイ・マイセルフ・アローン[+2] [限定] [CD] [アルバム] [2015/02/04発売]猪俣猛 / ドラム・ショット [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2014/11/19発売]
Nakamure Sadanori (ナカムレ・サダノリ)
はてなブックマークに追加
プロフィール
1933年3月15日生まれ、鹿児島県出水市出身の日本のジャズ・ギタリスト。幼少期よりギター好きで、木製のギターを自作したり、蓄音器で音楽を聴いて過ごす。18歳で上京し、青山学院大学へ進学。在学中の52年にプロ・デビュー。サックス奏者の渡辺貞夫、ピアノ奏者の前田憲男、ドラム奏者の猪俣猛ら多くのミュージシャンと共演を果たす。63年には伝説の“銀巴里セッション”に参加。ジャズのみならず、ボサ・ノヴァのスタイルを身につけたミュージシャンとしても知られる。横浜のライヴハウスでのライヴ活動のほか、弟子の渡辺香津美とも多数共演。稲葉国光や村上“ポンタ”秀一とのコラボレーション作も発表している。
  • 中牟礼貞則の情報を以下のサイトでもみる
    中牟礼貞則の作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 中牟礼貞則の作品一覧をHMV ONLINEで調べる 中牟礼貞則の作品一覧を楽天ブックスで調べる 中牟礼貞則の作品一覧を@TOWER.JPで調べる 中牟礼貞則の作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015