サキソフォビア / ノクターン [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2018/11/21発売]中川ひろたか+MGQ(モダンギャグカルテット) / ジャズ!はじめの一歩 [CD] [アルバム] [2018/10/03発売]サキソフォビア / 4 [CD] [アルバム] [2014/10/12発売]サキソフォビア&ドリームキッズ / パレード [CD] [アルバム] [2013/06/30発売]櫻井みどり / Dreamy [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2013/09/18発売]SARA☆ / アズ・ユー・ライク・イット [CD] [アルバム] [2012/04/18発売]ファンキート / スィート・シークレッツ [CD] [アルバム] [2012/01/12発売]福井ともみ / アット・ザット・モーメント [デジパック仕様] [廃盤] [CD] [アルバム] [2010/05/19発売]亜樹山ロミ / タペストリー・オブ・メモリーズ [CD] [アルバム] [2008/12/17発売]サキソフォビア / ア・ナイト・アット・サムタイム [CD] [アルバム] [2008/04/23発売]akiko / mood indigo [SA-CDハイブリッド] [CD] [アルバム] [2004/06/23発売]サキソフォビア / シェルブールの雨傘 [SA-CDハイブリッド] [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2003/04/20発売]CHIE AYADO / Everybody Everywhere [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2000/10/06発売]KAIMA [CD] [アルバム] [1999/03/20発売]サキソフォビア / fancymen in the darkness [CD] [アルバム] [2000/01/30発売]

岡淳

Oka Makoto (オカ・マコト)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1963年8月8日生まれ。一橋大学卒業。ジャズ・テナー・サックス、フルート奏者。大学在学中より池田芳夫(b)のグループなどで活動を開始。90年にバークリー音楽大学より奨学金を得て渡米。ニューヨークでの活動を経て、94年に帰国後は自己のバンドの他、向井滋春(tb)、大西順子(p)、綾戸智絵(vo)のグループなどで演奏。99年自己のバンド名を冠したアルバム『KAIMA』をリリース。サックス・アンサンブル“サキソフォビア”や酒井俊(vo)バンドのほか、ゲーム音楽作家としても活動している。
    • 岡淳の情報を以下のサイトでもみる
      岡淳の作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 岡淳の作品一覧をHMV ONLINEで調べる 岡淳の作品一覧を楽天ブックスで調べる 岡淳の作品一覧を@TOWER.JPで調べる 岡淳の作品一覧を山野楽器で調べる 

    本文中に岡淳が登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集/企画)の一覧です。
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
    [特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
    [インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
    [インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
    [インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
    [インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
    https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
    e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
    新譜情報
    データ提供サービス
    ※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015