OZROSAURUS / Dish and Dabber [CD] [アルバム] [2013/06/26発売]オジロザウルス / オジバム〜A・UN〜 [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2012/04/04発売]OZROSAURUS / Hysterical [CD] [アルバム] [2007/08/15発売]オジロザウルス / ライム アンド ブルース [CD+DVD] [限定][廃盤] [CD] [アルバム] [2006/03/15発売]OZROSAURUS / The Phoenix(will rise) [廃盤] [CD] [シングル] [2005/10/26発売]OZROSAURUS / ON AND ON [廃盤] [CD] [シングル] [2004/03/03発売]OZROSAURUS / JUICE [CCCD] [廃盤] [CD] [アルバム] [2003/03/19発売]OZROSAURUS / JUICE [CCCD] [廃盤] [CD] [シングル] [2003/03/05発売]OZROSAURUS / Hey Girl feat.CORN HEAD [廃盤] [CD] [シングル] [2002/11/07発売]OZROSAURUS(MACCHO & DJ TOMO)FEATURING、REMIX AND PRODUCE WORKS [CD] [アルバム] [2002/05/29発売]OZROSAURUS / ROLLIN'045 [CD] [アルバム] [2001/04/25発売]OZROSAURUS / AREA AREA [CD] [シングル] [2000/11/15発売]DESPERADO、オジロザウルス / DOUBLE IMPACT E.P.2 [CD] [アルバム] [1998/05/27発売]

オジロザウルス

OZROSAURUS (オジロザウルス)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
オジロザウルス
オジロザウルス
1996年に結成された横浜出身のヒップホップ・ユニット。メンバーは14歳からラップのスキルを磨いていたというMCのMACCHO(マッチョ)とDJ TOMO(トモ)の2人で活動開始。エッジの効いたリリックと太いビートにこだわったトラックで注目を集め、98年にミニ・アルバム『Bay Blues』でメジャー・デビュー。2001年にリリースした1stアルバム『ROLLING 045』は、ヒップホップ・シーンでは異例のスマッシュ・ヒットを記録。2004年にTOMOが脱退。その後、ライヴDJのDJ SN-Zが正式加入。2012年『オジバム〜A:UN〜』をリリース。
  • オジロザウルスの情報を以下のサイトでもみる
    オジロザウルスの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる オジロザウルスの作品一覧をHMV ONLINEで調べる オジロザウルスの作品一覧を楽天ブックスで調べる オジロザウルスの作品一覧を@TOWER.JPで調べる オジロザウルスの作品一覧を山野楽器で調べる オジロザウルスをiTunes Storeで調べる オジロザウルスをAppleMusicで調べる

本文中にオジロザウルスが登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集/企画)の一覧です。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』
[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」
[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』
[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015