Paul Kletzki (パウル・クレツキ)
はてなブックマークに追加
プロフィール
1900年3月21日、ポーランドのウッジ生まれの指揮者。1973年3月5日、リヴァプール・フィルとのリハーサル中に急死した。生地の音楽院を経て、ワルシャワ音楽院で作曲とヴァイオリンを学ぶ。23年、自作を指揮してデビューした後、ベルリンを本拠に作曲家として活動を続ける。33年にナチス政権が誕生したためベルリンを去り、第二次大戦中はスイスで過ごす。戦後は指揮者として本格的に活動を始め、54年からリヴァプール・フィル、ダラス交響楽団、イスラエル・フィルなどの常任指揮者を歴任。また、フィルハーモニア管弦楽団やウィーン・フィルとも、マーラー、シューベルト、チャイコフスキーの交響曲など、多くの名演を録音した。64年からは、第二の故郷とも言うべきスイスのベルン交響楽団、67年からはスイス・ロマンドの音楽監督に就任したが、70年に病気のため辞任した。
    • パウル・クレツキの情報を以下のサイトでもみる
      パウル・クレツキの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる パウル・クレツキの作品一覧を@TOWER.JPで調べる パウル・クレツキの作品一覧をHMV ONLINEで調べる パウル・クレツキの作品一覧を楽天ブックスで調べる 
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
    [インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
    [インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
    [インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
    [インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
    [特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
    https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
    https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
    e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
    Kaede 深夜のつぶやき
    弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015