ロビー・ウィリアムス / ザ・ヘヴィー・エンタテインメント・ショー [CD] [アルバム] [2016/11/23発売]ロビー・ウィリアムス / テイク・ザ・クラウン [CD] [アルバム] [2012/11/14発売]ロビー・ウィリアムス / グレイテスト・ヒッツ1990-2010 [2CD] [CD] [アルバム] [2010/10/13発売]ロビー・ウィリアムス / ヴィデオ・スターの悲劇 [CD] [アルバム] [2009/11/18発売]ロビー・ウィリアムス / Rudebox [CD] [アルバム] [2006/10/25発売]ロビー・ウィリアムス / グレイテスト・ヒッツ [CD] [アルバム] [2004/10/16発売]ロビー・ウィリアムス / サムシング・ビューティフル [CD] [シングル] [2003/05/21発売]ロビー・ウィリアムス / アイヴ・ビーン・エクスペクティング・ユー [限定][廃盤] [CD] [アルバム] [2003/02/26発売]ロビー・ウィリアムス / シング・ホエン・ユーアー・ウィニング [限定][廃盤] [CD] [アルバム] [2003/02/26発売]ロビー・ウィリアムス / ライフ・スルー・ア・レンズ [限定][廃盤] [CD] [アルバム] [2003/02/26発売]ロビー・ウィリアムス / スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング [限定][廃盤] [CD] [アルバム] [2003/02/26発売]ロビー・ウィリアムス / エスカポロジー [CCCD] [廃盤] [CD] [アルバム] [2003/02/26発売]ロビー・ウィリアムス / スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング [CD] [アルバム] [2001/12/06発売]ロビー・ウィリアムス / シング・ホエン・ユーアー・ウィニング [廃盤] [CD] [アルバム] [2000/09/27発売]ロビー・ウィリアムス / アイヴ・ビーン・エクスペクティング・ユー [CD] [アルバム] [1998/11/11発売]

ロビー・ウィリアムス

Robbie Williams (ロビー・ウィリアムス)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1974年2月13日生まれ、英・ストーク=オン=トレント出身のポップ・シンガー。本名はロバート・ピーター・マキシミリアン・ウィリアムス。90年よりテイク・ザットのメンバーとして活躍。95年に脱退すると、97年の「エンジェルス」の世界的ヒットでソロ活動へ移行。「ミレニアム」で全英1位を獲得。その後、数多くのヒットを生み出して多大な成功を収め、アイドルからスーパースターへと躍進。また、2010年の『プログレス』に合わせてテイク・ザットへ暫定復帰。翌年まで活動を共にする。2012年より再度精力的なソロ活動を展開。『テイク・ザ・クラウン』などを経て、2016年に『ザ・ヘヴィー・エンタテインメント・ショー』をリリース。
  • ロビー・ウィリアムスの情報を以下のサイトでもみる
    ロビー・ウィリアムスの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる ロビー・ウィリアムスの作品一覧をHMV ONLINEで調べる ロビー・ウィリアムスの作品一覧を楽天ブックスで調べる ロビー・ウィリアムスの作品一覧を@TOWER.JPで調べる ロビー・ウィリアムスの作品一覧を山野楽器で調べる ロビー・ウィリアムスをiTunes Storeで調べる ロビー・ウィリアムスをAppleMusicで調べる
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015