「卒業」オリジナル・サウンドトラック / サイモン&ガーファンクル [限定] [CD] [アルバム] [2018/12/05発売]サイモン&ガーファンクル / マサチューセッツ 1967 [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2017/10/25発売]サイモン&ガーファンクル / パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム [限定] [CD] [アルバム] [2016/12/21発売]サイモン&ガーファンクル / 水曜の朝、午前3時 [限定] [CD] [アルバム] [2016/12/21発売]リンカーン・ブライニー / ホームワード・バウンド〜サウンド・オブS&G [CD] [アルバム] [2016/01/20発売]サイモン&ガーファンクル / ライヴ・フロム・ニューヨーク・シティ1967 [限定] [CD] [アルバム] [2015/12/23発売]サイモン&ガーファンクル / ブックエンド [限定] [CD] [アルバム] [2015/12/23発売]サイモン&ガーファンクル / サウンド・オブ・サイレンス [限定] [CD] [アルバム] [2015/12/23発売]サイモン&ガーファンクル / コンプリート・アルバム・コレクション [紙ジャケット仕様] [12CD] [Blu-spec CD2] [限定] [アルバム] [2014/12/10発売]TAN TAN / タンタン“サイモン&ガーファンクル”を歌う[+1] [CD] [アルバム] [2013/08/28発売]
Simon & Garfunkel (サイモン・アンド・ガーファンクル)
はてなブックマークに追加
プロフィール
ポール・サイモン(vo、g)とアート・ガーファンクル(vo)によるフォーク・デュオ。1957年に米国ニューヨークにて結成された“トム&ジェリー”を母体として、64年にグループ名をサイモン&ガーファンクルと改名してアルバム『水曜の朝、午前3時』でデビュー。67年、映画『卒業』の音楽を担当。70年にグラミーで“最優秀レコード”を含む4部門で受賞。「明日に架ける橋」「ミセス・ロビンソン」などヒットを連発し、ソフトでメロウな歌声と練りあげられたオリジナル楽曲でスターダムに登りつめた。70年に解散するも、その後もたびたび再結成している。90年にはロックの殿堂入りを果たしている。
  • サイモン&ガーファンクルの情報を以下のサイトでもみる
    サイモン&ガーファンクルの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる サイモン&ガーファンクルの作品一覧をHMV ONLINEで調べる サイモン&ガーファンクルの作品一覧を楽天ブックスで調べる サイモン&ガーファンクルの作品一覧を@TOWER.JPで調べる サイモン&ガーファンクルの作品一覧を山野楽器で調べる サイモン&ガーファンクルをiTunes Storeで調べる サイモン&ガーファンクルをAppleMusicで調べる
CDJ PUSH (インタビュー/特集)
本文中にサイモン&ガーファンクルが登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集)の一覧です。
今日は何の日!?
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015