ザ・シー・アンド・ケイク / エニイ・デイ [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2018/05/05発売]ザ・シー・アンド・ケイク / ランナー [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2012/09/05発売]ザ・シー・アンド・ケイク / カー・アラーム [紙ジャケット仕様] [廃盤] [CD] [アルバム] [2008/10/15発売]ザ・シー・アンド・ケイク / エヴリバディ [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2007/05/09発売]ザ・シー・アンド・ケイク / ザ・フォーン [デジパック仕様] [再発] [CD] [アルバム] [2005/06/22発売]ザ・シー・アンド・ケイク / ウイ [デジパック仕様] [再発] [CD] [アルバム] [2005/06/22発売]ザ・シー・アンド・ケイク / グラス [CD] [アルバム] [2003/05/01発売]ザ・シー・アンド・ケイク / ワン・ベッドルーム [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2003/01/01発売]ザ・シー・アンド・ケイク / ナッソウ [廃盤] [CD] [アルバム] [2001/01/24発売]ザ・シー・アンド・ケイク / ザ・シー・アンド・ケイク [廃盤] [CD] [アルバム] [2001/01/24発売]ザ・シー・アンド・ケイク / ウイ [廃盤] [CD] [アルバム] [2000/09/06発売]ザ・シー・アンド・ケイク / ア・ブリーフ・ヒストリカル・レトロスペクティヴ [廃盤] [CD] [アルバム] [1996/07/22発売]

ザ・シー・アンド・ケイク

THE SEA AND CAKE (シー・アンド・ケイク)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
ザ・シー・アンド・ケイク
ザ・シー・アンド・ケイク
米イリノイ州シカゴで90年代半ばに結成された、ポップ/ロック・バンド。ジャズからの影響が大きいポスト・ロック/音響系サウンドが特色。メンバーは、サム・プレコップ (vo、g)、アーチャー・プレウィット (g、p、vo)、ジョン・マッケンタイア (per、ds、syn)、エリック・クラリッジ (b、syn)で、地元バンド、カクテルズ、シュリンプ・ボード、バストロのメンバーから構成。間違えて覚えていたガスター・デル・ソル「The C in Cake」の曲名を故意に再解釈したのがバンド名の由来。1994年、セルフ・タイトル作でデビュー。2004〜2007年は活動休止するも、2007年に『エヴリバディ』を発表、ツアーも再開した。2012年、アルバム『ランナー』をリリース。2013年には“フジロック”初参戦が発表されている。
  • ザ・シー・アンド・ケイクの情報を以下のサイトでもみる
    ザ・シー・アンド・ケイクの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる ザ・シー・アンド・ケイクの作品一覧をHMV ONLINEで調べる ザ・シー・アンド・ケイクの作品一覧を楽天ブックスで調べる ザ・シー・アンド・ケイクの作品一覧を@TOWER.JPで調べる ザ・シー・アンド・ケイクの作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015