山本精一 / palm [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2016/01/13発売]山本精一 / 童謡(わざうた) [CD] [アルバム] [2015/10/07発売]山本精一 / ファルセット [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2014/07/23発売]山本精一 / LIGHTS [CD] [アルバム] [2013/08/07発売]山本精一 / NOA+NOA2 [紙ジャケット仕様] [2CD] [CD] [アルバム] [2013/07/31発売]山本精一 / 山本精一カバー・アルバム第一集 [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2013/01/16発売]あべのぼる、AZUMI、山本精一 / あべのぼる LAST LIVE〜何も考えない [CD] [アルバム] [2012/04/04発売]山本精一 / ラプソディア [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2011/10/19発売]山本精一 / プレイグラウンド アコースティック+ [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2011/01/19発売]山本精一 / プレイグラウンド [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2010/07/21発売]edge / edge [紙ジャケット仕様] [2CD] [CD] [アルバム] [2010/05/05発売]大友良英+山本精一 / 大友良英+山本精一・ギターデュオ [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2008/09/28発売]藤掛正隆+早川岳晴+山本精一 from 崖っぷちsession / 弱虫 [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2008/06/10発売]「TOKYO LOOP」サウンドトラック / 山本精一 [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2006/12/15発売]Chichipio〜ブエノスアイレスセッション Vol.#1 [CD] [アルバム] [2005/12/10発売]

山本精一

Yamamoto Seiichi (ヤマモト・セイイチ)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
山本精一
山本精一
1958年生まれ、兵庫県尼崎市出身のマルチプレイヤー/ソングライター/コンポーザー/プロデューサー。86年以来参加しているボアダムズのギタリストとして知られているが、“ジャンル・バスター”と異名をとるほどの多彩すぎる活動歴を誇る。主な参加ユニットには、羅針盤、想い出波止場、赤武士、Ya-To-I、ROVOなど多数。『アドレナリンドライブ』『殺し屋1』『マインド・ゲーム』などで映画音楽も担当。また、文筆業も盛んで、音楽誌などへの寄稿も多い。99年にはエッセイ集『ギンガ』を、2009年に『ゆん』、2014年に『イマユラ』を出版している。
  • 山本精一の情報を以下のサイトでもみる
    山本精一の作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 山本精一の作品一覧をHMV ONLINEで調べる 山本精一の作品一覧を楽天ブックスで調べる 山本精一の作品一覧を@TOWER.JPで調べる 山本精一の作品一覧を山野楽器で調べる 山本精一をiTunes Storeで調べる 山本精一をAppleMusicで調べる
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015