深町純 / ディラックの海 [廃盤]

はてなブックマークに追加
CD
  • ジャンル:
    ジャズ
  • レーベル:
    キティ
  • 規格品番:
    KTCR-1187
  • 価格:
    2,190 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    深町純 / ディラックの海 [廃盤]をAmazon.co.jpで購入する深町純 / ディラックの海 [廃盤]をHMV.co.jpで購入する深町純 / ディラックの海 [廃盤]を楽天ブックスで購入する深町純 / ディラックの海 [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    深町純 / ディラックの海 [廃盤]を山野楽器で購入する深町純 / ディラックの海 [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
贅沢なメンバーによる深町の理想とするフュージョン・ミュージックが展開されていく。タイトなビートと個性的なメロディ・ライン、それが分厚いサウンドによって迫力を増す。現在では考えられない夢のようなセッションを収めたゴージャスな1枚。
トラックリスト
01イッツ・ユー
02ニュートリーノウ
03アフター・ア・ドリーム
04ザ・マイノリティ
05ザ・シー・オブ・ディラック
演奏
深町純(key)エリック・ゲイル(g)スティーヴ・ガッド,ハワード・キング(ds)アンソニー・ジャクソン,トニー・レヴィン(b)
録音
77.7〜9
  • スティーヴ・ガッド
    ジャズ、ロック、フュージョンなどさまざまなフィールドで活躍する現代最高のセッション・ドラマー。1945年、米ニューヨーク生まれ。70年代を代表するニューヨークのセッション・ミュージシャン集団“スタッフ”のドラマーとして絶大な人気を集めた。解……
  • エリック・ゲイル
    70年代のニューヨークを代表する凄腕のスタジオ・ミュージシャン集団“スタッフ”のギタリスト。1938年、ニューヨークのブルックリンで生まれる。スタッフの活動と並行してジャズからポップスに至るまで数多くのレコーディングに参加し、R&B指向の強……
  • アンソニー・ジャクソン
    1952年6月23日生まれ、米ニューヨーク出身の6弦ベース奏者。音楽好きの両親のもとで育ち、最初はクラシック・ギターを学んでいたが、次第にベースに専念。ジェームス・ジェマーソンやジャック・キャサデイの演奏に影響を受けながら、10代で自身のス……
  • 深町純
    1946年、東京生まれ。3歳よりピアノを始め、65年に東京芸大に入学。作曲を池内友次郎、三善晃に師事。69年、卒業10日前に退学。在学中、劇団四季のドストエフスキー『白痴』で音楽を担当したのを皮切りに、音楽業界の仕事を始める。以後は作編曲や……
  • トニー・レヴィン
    1946年6月6日米国マサチューセッツ州生まれ。べーシスト。71年からチャック・マンジョーネやゲイリー・バートンらのセッションにジャズ・ベーシストとして参加。75年以降はピーター・ガブリエルとの共演でロック分野に進出。81年に新生キング・ク……
  • ハワード・キング
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015