Cocco / 陽の照りながら雨の降る [2CD] [限定]

はてなブックマークに追加
Cocco / 陽の照りながら雨の降る [2CD] [限定]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    スピードスター
  • 規格品番:
    VIZL-188
  • 価格:
    1,466 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Cocco / 陽の照りながら雨の降る [2CD] [限定]をAmazon.co.jpで購入するCocco / 陽の照りながら雨の降る [2CD] [限定]を@TOWER.JPで購入するCocco / 陽の照りながら雨の降る [2CD] [限定]をHMV.co.jpで購入するCocco / 陽の照りながら雨の降る [2CD] [限定]を楽天ブックスで購入するCocco / 陽の照りながら雨の降る [2CD] [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ソロ復帰第2弾シングル。アッパー・チューンだった前作とはうってかわって、力強く雄大なバラードだ。故郷の沖縄を思わせるメロディに乗せて、スピリチュアルな歌声を聴かせ、後半の60名以上のコーラスも圧巻。カップリング2曲も含め手ごたえずっしりの力作。
ガイドコメント
「音速パンチ」に続くシングルは、Coccoの愛と希望と祈りが込められた、壮大なミディアム・バラード。総勢70名のコーラスが参加したクライマックスへと昇りつめていく部分が感動的。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    2位 (2006/5/22)  ⇒  6位 (5/29)  ⇒  14位 (6/5)
収録曲
[Disc 1]
01陽の照りながら雨の降る
何度も何度も反復されるシンプルなメロディが圧倒的な高揚感をもたらす、感動的な沖縄風ゴスペル・ソング。シンプルだからこそCoccoの沖縄民謡風の節回しがフックとなり、聴き手の胸にさらに強く迫ってくる。
02手の鳴るほうへ
たおやかなビートに乗せて、優しくも切ないメロディ・ラインが紡がれるギター・ロック。空の彼方を目指してどこまでも高く飛んでいく鳥のような、凛とした強さに貫かれたCoccoの歌声には、母性すら感じさせる美しさがある。
03コンポジションA
沖縄弁で歌われるブルージィかつヘヴィなロック・ナンバー。アコースティック・ギターのストロークから大音量のエレクトリック・ギターに切り替わる瞬間がスリリング。ユーモラスな歌詞とサウンドの対比も楽しい。
[Disc 2]
01blue bird
映画『ヴィタール』のために書き下ろされた英語詞のピアノ・バラード。息遣いまでもが伝わってくるCoccoの繊細かつ伸びやかなヴォーカル・パフォーマンスの独壇場。後半のドラマチックな盛り上がりが白眉。
[2](1)ボーナストラック
タイアップ
  • 「blue bird」 - ゼアリズエンタープライズ「ヴィタール」エンディングテーマ
封入特典
  • 歌詞
アーティスト
  • Cocco
    1977年1月19日生まれ、沖縄県那覇市出身の歌手/女優。96年に日米インディ・デビューした後、97年にシングル「カウントダウン」でメジャー・デビュー。力強く透明感のある歌声と大人の女性が持つ本音を表現した詞世界で耳目を集める。2001年の……
  • 同時発売作品
    シングル VICL-36054   1,320円(税込)   2006/05/24 発売
    Cocco / 陽の照りながら雨の降るをamazon.co.jpで購入するCocco / 陽の照りながら雨の降るをTOWER RECORDS ONLINEで購入するCocco / 陽の照りながら雨の降るをHMV.co.jpで購入するCocco / 陽の照りながら雨の降るを楽天ブックスで購入するCocco / 陽の照りながら雨の降るをTSUTAYAで購入する
    「音速パンチ」に続くシングルは、Coccoの愛と希望と祈りが込められた、壮大なミディアム・バラード。総勢70名のコーラスが参加したクライマックスへと昇りつめていく部分が感動的。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015