レミオロメン / 風のクロマ [廃盤]

はてなブックマークに追加
レミオロメン / 風のクロマ [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    スピードスター / 浮雲
  • 規格品番:
    VICL-63000
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    レミオロメン / 風のクロマ [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するレミオロメン / 風のクロマ [廃盤]を@TOWER.JPで購入するレミオロメン / 風のクロマ [廃盤]をHMV.co.jpで購入するレミオロメン / 風のクロマ [廃盤]を楽天ブックスで購入するレミオロメン / 風のクロマ [廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
「粉雪」で一気にブレイクした前作から約2年半ぶりの4枚目。前作でやや薄れていた良い意味での“粘っこさ”や“濃さ”が本作では復活しており、たとえば2作目『エーテル』と地続きなのはこちらなのだという気がする。もちろん、全曲、クオリティは半端ない。★
ガイドコメント
レミオロメンの約2年半ぶりとなる通算4枚目のアルバム。北京オリンピックの応援ソングなどを収録した強力な内容で、豊かな表現力と熱いパッションが伝わる、彼ららしい仕上がりだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2008/10/27)  ⇒  22位 (11/3)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2008/10/27)  ⇒  13位 (11/3)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2008/10/27)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2008/10/27)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2008/10/27)  ⇒  9位 (11/3)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2008/10/27)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2008/10/27)  ⇒  10位 (11/3)
収録曲
01
不安や迷いを振り払い、勇気を持って生きていこうと歌うアップ・テンポのナンバー。明るく爽快なギターと小気味良いリズム隊、そしてキラキラと輝くキーボードの音が、楽曲の持つポジティヴな世界観を見事に表現している。
02オーケストラ
愛する彼女への想いが楽曲全体に満ちあふれたストレートなラヴ・ソング。出会ったときの胸の高鳴り、ふたりで過ごす幸せな時間などを綴った歌詞から、主人公のピュアな心情がひしひしと伝わってくる。
03ランデブータンデム
自転車を漕いでいる道すがら、偶然出会った女性に一目ぼれ。そんなひと夏の情景を歌ったラヴ・ソング。歌詞に登場する“田舎道”“山肌”といった言葉から、どこか牧歌的な風景を思い浮かべてしまう。
04リズム
2007年JRAイメージ・ソング。あふれるくらい響きわたるストリングスのメロディと高鳴る胸の鼓動をフレッシュに歌い上げる藤巻の声に、新しい未来が拓かれていく爽やかなポップス。人と人が繋がって生まれる良質のパワーを感じさせる。
05透明
僕と君は所詮他人同士で、すべてのことは分からない。そんな達観した想いが頭をかすめながらも、やっぱり彼女と生きていきたいと願うラヴ・ソング。クールなAメロとエネルギッシュなサビ、抑揚の効いた藤巻亮太のヴォーカルが素晴らしい。
06
映画『眉山-びざん-』主題歌となったミディアム・バラード。低く刻むビートと優美なストリングスのアレンジが扇情的なラヴ・ソングで、しなやかな流線美のような旋律が、ヴォーカル藤巻の真っ直ぐ響く声を引き立てている。
07青春の光
青春時代に思い描いた夢を忘れていないかと問いかけるアップ・テンポなナンバー。なまった体をたたき起こすかのような、ノイジーかつスリリングなギター・サウンドが印象的。目標を見失ってしまった社会人へ向けた応援歌だ。
08RUN
疾走感にあふれたリズム・ギター、ビートの要を握ったドラムス、機動性や勢いの良さなど3ピース・バンドの特性を活かしきったロック・ナンバー。藤巻のナイーヴなシャウトが耳から離れない、激しくもせつないアッパー・チューンとなっている。
09星取り
今はもう別れてしまった大切な人との夏の思い出を綴ったミディアム・バラード。忘れたくても忘れられず、自然と涙がこぼれてしまう。そんな主人公の切ない心情を見事に歌い上げた藤巻亮太のヴォーカルが白眉。
10もっと遠くへ
フジテレビ系『北京オリンピック中継』テーマ・ソングに起用されたナンバー。アスリートの心情とリンクするような歌詞も多いが、もっと広い意味で万人に向けた応援歌といえそう。壮大かつドラマティックなストリングス・アレンジが秀逸。
11Merry go round
メリーゴーランドのように流されていく人生を嘆きながらも、愛する人のためなら生きていけると歌うラヴ・ソング。3拍子のリズムが心地よいミディアム・バラードで、ベースの前田啓介が作曲を手がけている。
12茜空
9thシングルはJRA企業CMタイアップ曲。夜が明けてゆっくりと空が茜色に染め上がっていくさまに、未来への希望や情熱を歌ってみせたミディアム・ナンバーだ。バラードの王道といえるメロディ・ラインとストリングスには、スケールの大きさを感じる。
13Wonderful&Beautiful
新たな冬の代表曲となりそうな本作は、淡々としたリズムをグイグイと引き上げていく藤巻のヴォーカルがせつないラヴ・ソング。凍える風景にぼんやりとした未来を見出し、ふたりを照らす幸せの光へと誘うやさしいナンバー。
14幸せのカタチ
スタイリッシュなホーン・アレンジとやわらかなリズムに胸躍る、とっておきのラヴ・ソング。大事な人への思いのすべてを不器用に歌う藤巻に、愛らしさすら覚えてしまう。FM802春のキャンペーンACCESSキャンペーン・ソング。
15花火
鎌倉の海岸で花火を楽しむ、一組のカップルの情景を綴ったポップ・ナンバー。無邪気に“今”を楽しむ彼氏と冷静に先を見据えている彼女。歌詞に垣間見られる、ふたりの恋愛観のすれ違いがおもしろい。
タイアップ
  • 「RUN」 - リクルート「fromAnavi」TV-CMソング
  • 「RUN」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「もっと遠くへ」 - 第一興商「DAM★うた」TV-CMソング
  • 「もっと遠くへ」 - 第一興商「DAM★うたフル」TV-CMソング
  • 「もっと遠くへ」 - フジテレビ「北京五輪」テーマソング
  • 「オーケストラ」 - コカ・コーラボトリングTV-CMソング
  • 「オーケストラ」 - コカ・コーラボトリング「北京五輪」応援ソング
  • 「リズム」 - JRA2007年イメージソング
  • 「茜空」 - JRA2007年ブランドCMソング
  • 「茜空」 - JRATV-CMソング
  • 「茜空」 - レーベルモバイル「レコード会社直営♪サウンド」TV-CMソング
  • 「蛍」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「蛍」 - 東宝「眉山」主題歌
  • 「翼」 - 東宝「劇場版MAJOR 友情の一球」主題歌
封入特典
  • 歌詞
アーティスト
  • レミオロメン
    小・中・高と同級生の3人が2000年に結成したロック・バンド。2003年3月、ミニ・アルバム『フェスタ』でデビュー。同年8月のシングル「電話」でメジャー進出。繊細なメロディと日本語を大切にした歌詞で瞬く間に人気を獲得する。2005年のシング……
  • 同時発売作品
    レミオロメン / 風のクロマ [CD+DVD] [限定][廃盤]
    VIZL-600   3,124円+税   2008/10/29 発売
    レミオロメン / 風のクロマ [CD+DVD] [限定][廃盤]をamazon.co.jpで購入するレミオロメン / 風のクロマ [CD+DVD] [限定][廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するレミオロメン / 風のクロマ [CD+DVD] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するレミオロメン / 風のクロマ [CD+DVD] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するレミオロメン / 風のクロマ [CD+DVD] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
    レミオロメンの約2年半ぶりとなる通算4枚目のアルバム。北京オリンピックの応援ソングなどを収録した強力な内容で、豊かな表現力と熱いパッションが伝わる、彼ららしい仕上がりだ。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015