フォール・アウト・ボーイ / フォリ・ア・ドゥ-FOB狂想曲 [限定]

はてなブックマークに追加
フォール・アウト・ボーイ / フォリ・ア・ドゥ-FOB狂想曲 [限定]
CD
ミニ・レビュー
前作でUSロック界のトップ・ランナーとなった4人組のメジャー3作目。従来のスカッとした切れ味鋭いロック・グルーヴを受け継ぎつつ、奥行きや深みを感じさせるプロダクションが光る。ネプチューンズが制作に加わったほか、マイケルのカヴァー「今夜はビート・イット」など楽しみも多い。
ガイドコメント
圧倒的な才能を発揮し、世界的な人気を博しているフォール・アウト・ボーイの約1年9ヵ月ぶりのアルバム。シングル「アイ・ドント・ケア」ほか、さらなる成長を見せつけた仕上がりだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2008/12/8)  ⇒  4位 (12/15)  ⇒  9位 (12/29)  ⇒  10位 (2009/1/5)  ⇒  22位 (1/12)  ⇒  32位 (1/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2008/12/8)  ⇒  6位 (12/15)  ⇒  7位 (12/29)  ⇒  7位 (2009/1/5)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2008/12/8)  ⇒  7位 (12/15)  ⇒  3位 (12/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2008/12/8)  ⇒  4位 (12/15)  ⇒  4位 (12/29)  ⇒  4位 (2009/1/5)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2008/12/8)  ⇒  6位 (12/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2008/12/8)  ⇒  9位 (12/15)  ⇒  9位 (12/29)  ⇒  8位 (2009/1/5)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2008/12/8)  ⇒  3位 (12/15)  ⇒  3位 (12/29)  ⇒  3位 (2009/1/5)  ⇒  8位 (1/12)  ⇒  11位 (1/19)  ⇒  13位 (1/26)
収録曲
01DISLOYAL ORDER OF WATER BUFFALOES
オルガンの伴奏から清々しいロック・サウンドへと盛り上がりをみせる、アルバム『フォリ・ア・ドゥ-FOB狂想曲』のオープニング・ナンバー。ダイナミズムのあるサウンドにのせて“愛なんかボイコットしよう”と歌う刺激的な内容だ。
02I DON'T CARE
陽気なリズムに手拍子が印象的な、オーディエンスとの掛け合いが楽しめそうなキャッチーなパーティ・チューンだが、内容は己の欲ばかり追求する消費者を皮肉ったもの。明るい曲調に“俺はどうでも構わない”とあざけるブラックな詞との対比が面白い。
03SHE'S MY WINONA
ドライな音のギターのカッティングが耳に残るナンバー。かき鳴らされたギターのワイルドなサウンドに、地獄か栄光以外の中途半端なものはいらないと言い放つ潔さがマッチしている。パトリックの歌声にも力強さが感じられるミディアム・チューン。
04AMERICA'S SUITEHEARTS
ゆったりとしたファンタジックな雰囲気に包まれたミッド・スロー。ふわふわとしたドリーミーなサウンドではあるが、詞はアメリカ社会を風刺したシニカルな内容。「アイ・ドント・ケア」と同様に一筋縄ではいかない彼ららしい楽曲。
05HEADFIRST SLIDE INTO COOPERSTOWN ON A BAD BET
コーラス・ワークが多彩なアルバム『フォリ・ア・ドゥ-FOB狂想曲』において、パトリックのヴォーカルに新たな一面がうかがえる魅力的なナンバー。“キミのダンナは知ってるのかい”という詞が危険な香りを感じさせる。
06THE (SHIPPED) GOLD STANDARD
アルバム『フォリ・ア・ドゥ-FOB狂想曲』に同収録の「アメリカズ・スイートハーツ」のような、ファンタジックな雰囲気をたたえながらも憂いのあるサウンドが印象的なミディアム・ナンバー。どこか後ろ向きな歌詞と音作りが、絶妙に絡み合っている。
07(COFFEE'S FOR CLOSERS)
力強いロック・サウンドにのせて“もう二度と、何も信じるもんか”と宣誓するかのように繰り返すフレーズが耳に残る、社会に対する痛烈なメッセージ・ソング。エネルギッシュでスピード感のあるサウンドに加えられたストリングスが、壮大さを演出している。
08WHAT A CATCH, DONNIE
深みがある優しいサウンドにパトリックの甘い歌声が響くスロー・ナンバー。終盤にはエルヴィス・コステロほか、ベーシストのピートが設立したレーベル“Decaydance”所属のアーティストが多数参加した、豪華な仕上がりだ。
0927
かき鳴らされる渋めのギターとともに、ダンディで深みを感じさせる哀愁漂うサウンドが耳に残る。“ボクの心は金庫なのさ”といった、彼ららしいユニークでシニカルな掴みどころのない歌詞が面白い。
10TIFFANY BLEWS
リズムの刻みが心地良い一曲。クールに展開するもサビでは甘めのメロディで魅せる、彼らならではの仕掛けが楽しい。パトリックのセクシーな歌声とともにダイナミックなコーラス・ワークも聴きどころ。ラッパーのリル・ウェインが参加している点にも注目だ。
11W. A. M. S.
ネプチューンズがプロデュースを手がけたグルーヴィなナンバー。ファンキーなビートが体を躍らせる、FOBのサウンドの幅の広がりを感じさせるダンサブルな一曲だ。アウトロからパトリックのア・カペラに繋がる展開が斬新。
1220 DOLLAR NOSE BLEED
明るく華やかなサウンドのミディアム・チューン。リズミカルでさわやかな曲調に大合唱できそうなメロディが絡む、耳あたりの良いエレガントな一曲だ。パーティのBGMとしても、明るく彩ってくれそうだ。
13WEST COAST SMOKER
重めでワイルドなサウンドがクールに展開するロック・ナンバー。ブロンディのデボラのヴォーカル参加はもちろんだが、ベーシストのピートの歌声が味わえるなど聴きどころが満載。デボラのハスキー・ヴォイスに惹きつけられる。
14PAVLOVE
ブラック調のコーラスが耳を引くナンバー。まったりとしたテンポに心地良いリズムが乗ったメロウなサウンドは、聴いているだけで体が揺れるよう。詞も曲調もふわりとトリップしてしまいそうな雰囲気を醸し出している。
15I DON'T CARE
アルバム『フォリ・ア・ドゥ-FOB狂想曲』からの1stシングル「アイ・ドント・ケア」のアコースティック・ヴァージョン。リズミカルで陽気な雰囲気はそのままに、アコギならではの音色の柔らかさやほろ苦さ、パトリックの歌い方の多彩さを前面に打ち出した仕上がりだ。
16BEAT IT
マイケル・ジャクソンの名曲を大胆にカヴァー。勢いのあるアグレッシヴなロック・サウンドと“消え失せろ”というパトリックの熱の入った歌声が見事にマッチしている。原曲でヴァン・ヘイレンが担当したギター・ソロには、ジョン・メイヤーをフィーチャー。
(14)(15)(16)ボーナストラック
タイアップ
  • 「I Don't Care」 - テレビ神奈川「Billboard Top 40」オープニングテーマ
  • 「I Don't Care」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」エンディングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • フォール・アウト・ボーイ
    2001年、米イリノイ州で結成したロック・バンド。メンバーはパトリック・スタンプ(vo,g)、ピート・ウェンツ(b)、アンディ・ハーレー(ds)、ジョー・トローマン(g)の4名。シカゴを拠点に活動開始。ラウドかつメロディックなパンク・ロック……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015