くるり / 魂のゆくえ [限定]

はてなブックマークに追加
くるり / 魂のゆくえ [限定]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    スピードスター
  • 規格品番:
    VICL-63340
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    くるり / 魂のゆくえ [限定]をAmazon.co.jpで購入するくるり / 魂のゆくえ [限定]をHMV.co.jpで購入するくるり / 魂のゆくえ [限定]を楽天ブックスで購入するくるり / 魂のゆくえ [限定]を@TOWER.JPで購入する
    くるり / 魂のゆくえ [限定]を山野楽器で購入するくるり / 魂のゆくえ [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
ウィーンでのオーケストラとのコラボレーションが話題となった前作『ワルツを踊れ』から2年ぶりとなる通算8作目。ニューヨーク録音を含む、いかにもくるりらしい高純度なロックが詰め込まれた会心の仕上がりで、ルーツ音楽へのアプローチも心地よい。
ガイドコメント
ニューヨークでレコーディングされた、くるりの8枚目となるオリジナル・アルバム。先行発売されたシングル「愉快なピーナッツ」ほか、ルーツ・ロックやジャズ、ソウル、ブルース、エレクトロニカなど様々なジャンルを楽しめる、全13曲。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2009/6/8)  ⇒  1位 (6/15)  ⇒  8位 (6/22)  ⇒  9位 (6/29)  ⇒  28位 (7/6)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2009/6/8)  ⇒  1位 (6/15)  ⇒  5位 (6/22)  ⇒  10位 (6/29)  ⇒  19位 (7/6)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2009/6/8)  ⇒  5位 (6/15)  ⇒  9位 (6/22)  ⇒  10位 (6/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2009/6/8)  ⇒  3位 (6/15)  ⇒  7位 (6/22)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2009/6/8)  ⇒  3位 (6/15)  ⇒  7位 (6/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2009/6/15)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2009/6/8)  ⇒  1位 (6/15)  ⇒  5位 (6/22)  ⇒  7位 (6/29)  ⇒  11位 (7/6)  ⇒  19位 (7/13)
収録曲
01LV45
心地よさとだるさを感じる柔らかいサウンドをバックに、夢が途切れてしまいそうだという不安や焦燥感を綴る。“回線は悪魔に切られそうだ”という詞とリンクした、歌い終らないうちにブツリと切れてしまうアウトロが印象的だ。
02愉快なピーナッツ
アップル「iPhone 3GS」CMソングに起用されたナンバー。ほのかに脱力感のあるサウンドのなかで、解決策が考えつかない虚しい一日を飾り気のない言葉で描く。“ピーナッツ”“ヴィーナス”“ドーナツ”と韻を踏むサビの陽気さが、陰気な雰囲気を取り除いている。
03太陽のブルース
大鵬薬品「チオビタドリンク」CMソングとなった、ノスタルジックなアコギとメロディアスなピアノに乗せた温かさのある曲。いまや途切れた記憶となってしまった君と過ごした楽しかった日々の心情を、水を与えずに干からびた砂漠にたとえた詞がはかない。
04夜汽車
リズミカルなドラムと陽気なピアノが特徴の明るく爽やかなナンバー。僕と君を乗せて走る“夜汽車”の様子を描いた微笑ましい歌詞を、岸田が弾む声で歌う。“今夜はクリスマス”のすぐあとに奏でられるベルが季節感を漂わせている。
05リルレロ
“蛇の目爛々”や“蛇腹しゅうしゅう”と繰り返される、ユニークな言葉で綴られた独特の詞世界が耳に残るナンバー。ロックを基調とした重厚なサウンドとは対照的な、明るめのキーボードがポップなアクセントとなっている。
06つらいことばかり
エレクトロで不思議な曲調のポップ・ナンバー。“つらいことばかり”だがそんなことは吹き飛ばせという前向きな詞と、短調を基本としながらもリズミカルでほのかに明るさを感じさせるサウンドが、人生の紆余曲折を表わしているようだ。
07さよならリグレット
美しいピアノの旋律を中心とした、ノスタルジーな響きが心地よい20thシングル。懐かしい大切な思い出とこれから歩む道への不安や寂しさを乗り越える勇気を綴る。土岐麻子のコーラスが温かさをもたらす、ハウス食品「ジャワカレー」CMソング。
08かごの中のジョニー
佐藤良成のフィドルがよりアイリッシュ色を強めた、陽気で軽快な曲。自由に奏でられる長いアウトロは、雄大な自然の景色を思い描かせる。言動に振り回され愛想が尽きたジョニーにさよならを言う詞だが、自身の心の葛藤を描いているとも受け取れる。
09Natsuno
エフェクトのかかったギターがノスタルジックで心地よい、草が生い茂る大地と空といった幼い頃の“夏”の情景を色で表現した曲。別れを暗示する“ほつれて切れそうな 赤い糸”という詞が、“夏の”終わりのような寂しさを感じる。
10デルタ
アンティークのような古さと懐かしさを思わせる落ち着いた響きのピアノと、柔らかいギターが心地よいスロー・ナンバー。心の琴線に触れる穏やかで優しいメロディが、純粋ゆえに切なさを感じる心の内を“真っ赤な〜”という言葉で描いた詞に温かみを与えている。
11魂のゆくえ
突き抜けた明るさのリズミカルなピアノに心弾む8thアルバムのタイトル曲。“輝かしい未来は 胸の中で咲く花のよう”というキラキラした希望を感じる詞が、不安や涙を吹き飛ばしてくれるメッセージとして夢を持つ者を後押ししてくれるようだ。
12ベベブ
タンバリンのリズムが高揚感を与える軽快なポップ・ロック・ナンバー。平凡な日常のなかの些細なことでも喜びや幸せを見つけられる前向きな歌詞が、晴々とした気分にさせてくれる。“教えてよ baby boo”と繰り返すフレーズが耳に残る。
13背骨
夢がなくても焦らないでゆっくり前進していけという想いが込められたメッセージ・ソング。人生においてさまざまなことで心が折れそうになっても“背骨”を曲げて下を見るな、“晴れるか曇るか どうでもいいや 前を見ろ”と背中を押す詞が心強い。
14三日月
NHK土曜時代劇『浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜』主題歌で、君と離れた淋しさを優しさに変えていきたいと綴る郷愁漂うバラード。切なくも温かいピアノのメロディに乗せて歌う岸田の声にも、ほのかに過去を懐かしむ想いが込められているようだ。
(14)ボーナストラック
タイアップ
  • 「さよならリグレット」 - ハウス食品「ジャワカレー」TV-CMソング
  • 「三日月」 - NHK「浪花の華〜緒形洪庵事件帳〜」主題歌
  • 「太陽のブルース」 - 大鵬薬品「チオビタドリンク」TV-CMソング
  • 「愉快なピーナッツ」 - Apple「iPhone 3GS」TV-CMソング
封入特典
  • 謎の板/歌詞
アーティスト
  • くるり
    日本のロック・バンド。1996年9月頃、立命館大学の音楽サークル“ロック・コミューン”に所属していた岸田繁(vo,g)、佐藤征史(b)らによって結成。98年10月にシングル「東京」でメジャー・デビューを果たす。激しさと切なさとが相まったエモ……
  • 同時発売作品
    くるり / 魂のゆくえ
    VICL-63341   2,900円+税   2009/06/10 発売
    くるり / 魂のゆくえをamazon.co.jpで購入するくるり / 魂のゆくえをHMV.co.jpで購入するくるり / 魂のゆくえを楽天ブックスで購入するくるり / 魂のゆくえをTOWER RECORDS ONLINEで購入するくるり / 魂のゆくえを山野楽器で購入するくるり / 魂のゆくえをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    ニューヨークでレコーディングされた8枚目のアルバム。先行シングル「愉快なピーナッツ」をはじめ、ルーツ・ロックやジャズ、ソウル、ブルース、エレクトロニカなどさまざまなジャンルの楽曲が楽しめる。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015