デスティニーズ・チャイルド / #1's

はてなブックマークに追加
デスティニーズ・チャイルド / #1's
CD
ガイドコメント
突然の解散を発表したデスティニーズ・チャイルド初のベスト・アルバム。全米チャートで首位を獲得したヒット曲に加え、新録3曲なども含む充実の内容。彼女たちが全力で駆け抜けた8年間のすべてがここに。
収録曲
01STAND UP FOR LOVE
ベスト・アルバム『ナンバーワンズ』に3曲収録されている新曲のうちの1曲で、巨匠デヴィッド・フォスターによるドラマティックなバラード。「2005年世界こどもの日」テーマ・ソングで、ラスト・シングルとなる。
02INDEPENDENT WOMEN PART 1
映画『チャーリーズ・エンジェル』の主題歌として全世界で大ヒット、全米全英1位になった彼女たちの6枚目のシングル。当時19歳のビヨンセの、みちあふれた才気をひしひしと感じられる名曲。
03SURVIVOR
「インディペンデント・ウーマン Part1」に続いてリリースされた7枚目のシングル。ビヨンセのセンスとプロデュース力の高さが証明されたナンバーで、全米2位、全英1位に輝いた。
04SOLDIER
11枚目のシングルで全米3位、全英6位を記録。サウス出身のラッパーのリル・ウェインと、リュダクリスを向こうに張って「King Of the South」を名乗る男、T.I.をフィーチャーしている。
05CHECK ON IT
ベスト・アルバム『ナンバーワンズ』に3曲収録されている新曲のうちの1曲で、ビヨンセが出演している映画『ピンクパンサー』のオリジナル・サウンドトラックに収録されたナンバー。ハンド・クラップが印象的なパーティ・トラック。
06JUMPIN', JUMPIN'
彼女たちの5枚目のシングルで、全米3位、全英5位を記録。「セイ・マイ・ネーム」と「インディペンデント・ウーマン Part1」に挟まれて印象が薄いが、リフを活かしたサウンド・プロダクションはさすが。
07LOSE MY BREATH
全米3位、全英2位を記録した10枚目のシングル。ロドニー“ダークチャイルド”ジャーキンスのサウンド・プロダクションにより、今まで以上にR&B色が強く出ているナンバーに仕上がった。
08SAY MY NAME
4枚目のシングルで全米1位、全英3位を記録した。ロドニー・ジャーキンスのプロデュースで、ミディアム・スローでありながらも勢いを感じられるトラックに仕上がっている。
09EMOTION
9枚目のシングルは、デスチャ・シングル史上初のアコースティック・バラード。なおかつビージーズのカヴァーという意表をついたリリースで、全米10位、全英3位を記録した。
10BUG A BOO
3枚目のシングルは、全米33位、全英9位と、シングルのなかでは最低ランクの売り上げ。だが、トラック自体はヒップホップ・マナーにのっとった、スキルの高い楽曲で聴き応えある仕上がり。
11BOOTYLICIOUS
8枚目のシングルは、全米1位、全英2位と、破竹の勢いを示す結果を出した。デスチャのシングルのなかでも特にファンキーなパーティ・チューンで、Rob Fusariがサウンド・プロデュースしている。
12BILLS, BILLS, BILLS
2枚目のシングルは、初の全米1位を記録(全英では6位)、彼女たちが人気、実力ともに超一流の仲間入りを示した記念碑的なナンバーだ。空間を活かしたトラックが刺激的。
13GIRL
全米23位とあまりふるわなかったが(全英では6位)、12枚目のシングル。ミディアム・テンポのバラード・チューンで、彼女たちの歌とハーモニーの実力をたっぷりと感じられるトラックだ。
14NO, NO, NO PART 2
全米3位、全英5位を記録したデビュー・シングル。ワイクリフ・ジョンをフィーチャーして、ヒップホップでありながらも温かさが感じられるトラックだ。
15CATER 2 U
デスチャ13枚目のシングルで、全米14位を記録。32ビートのような細かなビートのなかで、今までの活動の総括的な想いが込められているが、決して感傷的ではないのが彼女たちらしい。
16FEEL THE SAME WAY I DO
ベスト・アルバム『ナンバーワンズ』に3曲収録されている新曲のうちの1曲で、ロドニー“ダークチャイルド”ジャーキンスがサウンド・プロダクションを担当している。アコースティックでも、ほんのりエキゾチックなのがユニーク。
17SO GOOD
ベスト・アルバム『ナンバーワンズ』に2曲収録されているボーナス・トラックのうちの1曲。彼女たちの今の立場と気持ちを、アコースティックなトラックに見事にのせている。
18NASTY GIRL
ベスト・アルバム『ナンバーワンズ』に2曲収録されているボーナス・トラックのうちの1曲。3連のキックがループするトラックは、聴き終わった後でも耳に残るほど刺激的でミステリアス。
(17)(18)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • デスティニーズ・チャイルド
    米国ヒューストン出身の女性R&Bヴォーカル・グループ。1999年から2000年にかけて「ビルズ・ビルズ・ビルズ」「ジャンピン・ジャンピン」「セイ・マイ・ネーム」「インディペンデント・ウーマン Part 1」が立て続けにヒット。最新鋭のチキチ……
  • 同時発売作品
    デスティニーズ・チャイルド / #1's [CD+DVD] [限定]
    SICP-930〜1   3,000円+税   2005/10/26 発売
    デスティニーズ・チャイルド / #1デスティニーズ・チャイルド / #1デスティニーズ・チャイルド / #1デスティニーズ・チャイルド / #1デスティニーズ・チャイルド / #1該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    初のベスト盤CD&DVDが97年から2005年まで絶大な人気を誇ったR&Bガール・グループの最後を締めくくる作品だ。タイトルと異なり、必ずしもNo.1ソングばかりではないが、収録曲の多くは近年のヒット……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015