ONE OK ROCK / 35xxxv

はてなブックマークに追加
ONE OK ROCK / 35xxxv
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    35XXXV
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Aer-born / A-Sketch
  • 規格品番:
    AZCS-1041
  • 価格:
    2,700 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ONE OK ROCK / 35xxxvをAmazon.co.jpで購入するONE OK ROCK / 35xxxvを@TOWER.JPで購入するONE OK ROCK / 35xxxvをHMV.co.jpで購入するONE OK ROCK / 35xxxvを楽天ブックスで購入するONE OK ROCK / 35xxxvをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
海外ツアーをこなすほどに成長したワンオクだが、そのタフな活動は本作にしっかりと反映されている。迫力のバンド・サウンド、エモーショナルかつ美しく歌い上げるヴォーカルもアリーナ級にスケールアップ! 特にサビメロなんて、海外のビッグなヴォーカル・グループみたいだ。貫禄の7枚目。
ガイドコメント
前作『人生×僕=』以来約約2年ぶりとなる、2015年2月11日リリースの7枚目のアルバム。ともに映画主題歌となった「Mighty Long Fall」「Decision」や国内外フェスなど、彼らの精力的な活動の充実ぶりがうかがえる力作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2015/2/9)  ⇒  2位 (2/16)  ⇒  14位 (2/23)  ⇒  26位 (3/2)  ⇒  32位 (3/9)  ⇒  37位 (3/16)  ⇒  39位 (3/30)  ⇒  2位 (9/21)  ⇒  20位 (10/5)  ⇒  17位 (10/12)  ⇒  31位 (10/19)  ⇒  22位 (10/26)  ⇒  28位 (12/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2015/2/9)  ⇒  6位 (2/16)  ⇒  10位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2015/2/9)  ⇒  2位 (2/16)  ⇒  7位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2015/2/9)  ⇒  2位 (2/16)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2015/2/9)  ⇒  3位 (2/16)  ⇒  10位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2015/10/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2015/2/9)  ⇒  2位 (2/16)  ⇒  8位 (2/23)  ⇒  15位 (3/2)  ⇒  10位 (3/9)  ⇒  13位 (3/16)  ⇒  17位 (3/23)  ⇒  12位 (3/30)  ⇒  20位 (4/6)  ⇒  19位 (4/13)  ⇒  13位 (5/4)  ⇒  20位 (5/11)  ⇒  20位 (6/8)  ⇒  1位 (9/21)  ⇒  7位 (10/5)  ⇒  7位 (10/12)  ⇒  16位 (10/19)  ⇒  9位 (10/26)  ⇒  14位 (11/2)  ⇒  14位 (11/9)  ⇒  17位 (11/16)  ⇒  16位 (12/7)  ⇒  17位 (12/14)  ⇒  20位 (12/21)  ⇒  8位 (12/28)  ⇒  20位 (2016/1/2)  ⇒  18位 (1/4)  ⇒  14位 (1/11)  ⇒  20位 (2/1)  ⇒  19位 (2/15)  ⇒  20位 (4/4)  ⇒  20位 (4/11)  ⇒  20位 (5/9)  ⇒  20位 (6/13)  ⇒  17位 (8/15)  ⇒  17位 (8/22)  ⇒  20位 (9/12)  ⇒  20位 (10/10)
収録曲
013xxxv5
7枚目のフル・アルバム『35xxxv』の冒頭に配されたイントロダクション。遠くで鳴るピアノや重めのビートをバックに語りを重ねた導入から、静寂を切り裂くように飛び出すシャウト。なにかが始まる予感を抱かせるに十分な内容だ。
02Take me to the top
タイトルにもなっている“Take me to the top”というフレーズを繰り返すサビから幕を開ける全英詞によるキラー・チューン。シャウトを交えたTakaの圧倒的なヴォーカルに変幻自在なアレンジなど、ワンオクらしさが詰まっている。
03Cry out
アルバム『35xxxv』からの先行配信シングルとして発表されたリード・ナンバー。サウンドに広がりを与えるアルペジオのほか、印象的なコーラスが随所に配されたロック・チューンで、大きなメロディを奏でるサビの開放感は抜群。
04Suddenly
ギターを中心としたシンプルなリフで押すロック・チューン。シンプルなアレンジながら、隙間をうまく使いつつここぞというタイミングで一気に爆発させるダイナミズムは、バンドとしてのアンサンブル能力の高さを思い知らされる。
05Mighty Long Fall
映画『るろうに剣心 京都大火編』主題歌の9thシングル。ドラムのビートとヴォーカルを中心に、空間系のエフェクトを効かせたギターで緊迫感を構築。ロングトーンでひと言ずつ置いていくような冒頭から、怒りをぶつけるようなサビへのメロディの変化も印象的だ。
06Heartache
映画『るろうに剣心 伝説の最期編』の主題歌に起用されたナンバー。ストリングスやアコースティック・ギターを主体としたスケールの大きなバラードで、やはりここでの主役はTaka。ハイトーンの美声で歌われる“I miss you”のフレーズは感動的。
07Memories
切り刻むようなギター・リフとドカドカと鳴る手数多めのドラムを中心にサウンドを構築したアップ・チューン。遥か昔の光がいまも届く夜空をモチーフに、“後追いはしない新時代”と高らかに世代交代を叫んでみせる姿勢が頼もしい。
08Decision
どこか民族的な響きをもたせたイントロから幕を開けるミディアム・テンポのナンバー。“決断”というタイトルが示すとおり、“足跡をたどっていくことだけが僕の人生じゃない”という強い想いを吐露。神聖なシンセの音色も効いている。
09Paper Planes (featuring Kellin from Sleeping with Sirens)
スリーピング・ウィズ・サイレンスのケリン・クインを迎えたナンバー。エフェクトを聴かせたコーラスをはじめ、随所にエレクトロ的な処理を施したアレンジが新鮮。中盤以降は一気にアッパーに展開し、派手なデジロックを響かせる。
10Good Goodbye
リムショットを軸にした軽めのドラムとアコースティック・ギターを中心に進む、爽やかなミディアム・バラード。“Goodbye〜”とファルセットで歌うサビをはじめ、強がりながら別れを前向きに捉える主人公の思いが胸に刺さる。
11One by One
Takaの強烈なシャウトで幕を開けるシリアスめなロック・チューン。中盤のラップ・パートをはじめシャウトは曲の全編に配されており、“戦場の前線に立っているんだ”という強烈なメッセージと彼らの決意をダイレクトに伝えている。
12Stuck in the middle
全編を通して強烈に高いテンションで突き進むキラー・チューン。破壊力抜群のサウンドについ体が動いてしまうが、怒りとも悲しみともつかぬ声で“Now I'm left with nothing”と繰り返すフレーズが耳に残る。
13Fight the night
クリーントーンを中心としたTakaの美しい歌声が印象的なナンバー。冒頭に登場する“price of war(戦争の代償)”というフレーズをはじめメッセージ性の高い歌詞も印象的で、スケールの大きなサウンドをバンドが一体となって奏でている。
タイアップ
  • 「Cry out」 - NTTドコモ「iPhone」TV-CMソング
  • 「Heartache」 - ワーナー・ブラザーズ「るろうに剣心 伝説の最期編」主題歌
アーティスト
  • ONE OK ROCK
    日本のロック・バンド。メンバーはTAKA(vo)、TORU(g)、RYOTA(b)、TOMOYA(ds)の4名。バンド名はリハーサルでのスタジオ入りが午前1時(one o'clock)だったことから。2005年に結成し、エモ、ロックを軸にし……
  • 同時発売作品
    ONE OK ROCK / 35xxxv [CD+DVD] [限定]
    AZZS-29   3,150円+税   2015/02/11 発売
    ONE OK ROCK / 35xxxv [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するONE OK ROCK / 35xxxv [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するONE OK ROCK / 35xxxv [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するONE OK ROCK / 35xxxv [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するONE OK ROCK / 35xxxv [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    前作『人生×僕=』以来約約2年ぶりとなる、2015年2月11日リリースの7枚目のアルバム。ともに映画主題歌となった「Mighty Long Fall」「Decision」や国内外フェスなど、彼らの精力……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015