スリップノット / .5:ザ・グレイ・チャプター

はてなブックマークに追加
スリップノット / .5:ザ・グレイ・チャプター
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    .5: THE GRAY CHAPTER
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ロードランナー
  • 規格品番:
    WPCR-16122
  • 価格:
    2,457 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スリップノット / .5:ザ・グレイ・チャプターをAmazon.co.jpで購入するスリップノット / .5:ザ・グレイ・チャプターを@TOWER.JPで購入するスリップノット / .5:ザ・グレイ・チャプターをHMV.co.jpで購入するスリップノット / .5:ザ・グレイ・チャプターを楽天ブックスで購入するスリップノット / .5:ザ・グレイ・チャプターをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
猟奇趣味的激烈音楽集団、スリップノットが“ノットフェス・ジャパン2014”開催直前に放つアルバム。約6年ぶりに発表したシングル「ザ・ネガティヴ・ワン」を含む、絶対的存在感でシーンに君臨する究極のメタル・サウンドが堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2014/10/13)  ⇒  3位 (10/20)  ⇒  14位 (10/27)  ⇒  13位 (11/3)  ⇒  19位 (11/10)  ⇒  36位 (11/17)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2014/10/13)  ⇒  3位 (10/20)  ⇒  13位 (10/27)  ⇒  20位 (11/3)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2014/10/13)  ⇒  4位 (10/20)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2014/10/13)  ⇒  5位 (10/20)  ⇒  8位 (10/27)  ⇒  8位 (11/3)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2014/10/13)  ⇒  4位 (10/20)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2014/10/13)  ⇒  1位 (10/20)  ⇒  4位 (10/27)  ⇒  2位 (11/3)  ⇒  4位 (11/10)  ⇒  10位 (11/17)  ⇒  9位 (11/24)  ⇒  9位 (12/8)
収録曲
01XIX
陰鬱かつどこかエスニックな雰囲気に満ちたナンバー。終盤に向けて大きなクレッシェンドを描くアレンジながら音数は非常に少なく、ラストでは唐突なカットアウト。“WALK WITH ME”という悲痛な叫びが耳に残る。
02SARCASTROPHE
うっすらと聴こえるアラビックなギターによるオープニングから、切り裂くようなギター・リフ&シャウトへと突入するハード・チューン。“WE ARE KILL GODS”のシャウトにふさわしく、緊迫感に満ちたアレンジとサウンドで駆け抜ける。
03AOV
冒頭のドラムのフィルインから、スラッシュを取り入れつつヘヴィ&アグレッシヴに攻めるメタル・チューン。グロウルによるラップが中心ながら、サビではクリーンなヴォーカルで美しいメロディが炸裂。5分半のなかで壮大なストーリーを奏でている。
04THE DEVIL IN I
ゆったりとしたテンポながら、強烈なツーバスや重心の低いリフなどをぎっしりと詰め込んだナンバー。クリーン・ヴォーカルをメインに据えつつ、徹底的に鬱々とした雰囲気で展開。中盤で唐突にブラスト・ビートを取り入れたアレンジが鮮烈。
05KILLPOP
チープなリズムマシンのようなエフェクトを加えたドラムで幕を開けるナンバー。ギターのアンサンブルで、サスペンス映画風のミステリアスな雰囲気と圧迫感を作り出している。猟奇的な主人公の性格を映し出したかのような、カオスなラストの展開がシビれる。
06SKEPTIC
“懐疑的”という意味を持つ単語を冠したアップ・チューン。神経症的なギターをアクセントに、タイトなリズムで攻める。ほぼグロウルを中心としながらサビのメロディはキャッチー。スロウに展開する中盤の激重リフも見事。
07LECH
音数の少ないスロー・パートとパーカッションが鳴り響くアップ・パートを交互に繰り返すナンバー。スラッシュへと移行する中盤以降は怒涛の展開で、怒りにも似たシャウトやサイレンを思わせるギター・リフでザラザラと感情を撫でる。
08GOODBYE
タイトルをはじめ、“遠い昔俺たちは一体だった”といった歌詞の内容からもポールとジョーイへのメッセージを感じさせる哀しげなバラード。エフェクトを効かせた静謐な雰囲気で幕を開けるが、間奏から一気にヒートアップするのが“らしい”。
09NOMADIC
オープニングを飾る切り裂くようなギター・リフを中心に突き進むナンバー。殺傷力の高いサウンドとグロウルで攻めながら、サビは思わず口ずさんでしまうほどにキャッチー。王道的ともいえるギター・ソロのフレーズ選びも新鮮に響く。
10THE ONE THAT KILLS THE LEAST
メロディアスなクリーン・ヴォーカルと怒りに任せたグロウルがほぼ対等に登場、ストレートな構成と合わせてシンプルな作りといえるナンバー。スロウなパートで緊迫感やスピード感を作り出す技量はさすが。ラストに登場する切り裂くようなスクラッチも強烈。
11CUSTER
リハーサルスタジオの一幕ように口頭でリフを伝えるリラックスした雰囲気から、一気にそれを具現化して引き込むキラー・チューン。強烈なリフを中心に、スクラッチや機械音を絶妙な間合いで放り込み、圧倒的な攻撃力を持ったサウンドを構築している。
12BE PREPARED FOR HELL
「The Negative One」のオープニング的な役割を持った2分弱の小品。ノイズにも似た音をバックに、“地獄に備えろ……”とエフェクトをたっぷりと効かせた声が響く。徹底的に不穏な雰囲気を演出した作品だ。
13THE NEGATIVE ONE
映画のSEのような不穏な幕開けから、切れ味鋭いリフと悲鳴にも似た機械音でスタートするキラー・チューン。マシンガンのように放たれるシャウト系ヴォーカルに負けぬ、迫力に満ちたサウンドが押し寄せる。隙間を埋めるシドの妙技も完璧。
14IF RAIN IS WHAT YOU WANT
壊れた無線の音声のようなオープニングから、ホラー/ミステリー映画的な雰囲気を醸し出すギター・リフが少しずつ存在感を増す陰鬱としたスロー・チューン。まるでうわ言のようなヴォーカルも空気感に拍車をかけている。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • スリップノット
    1995年に米アイオワ州デモインで結成されたヘヴィメタル・バンド。バンド名は“引き結び”“絞首刑の首輪”に由来。96年にインディ・デビュー。外見に惑わされることなく音楽に目(耳)を向けさせるため、ハンドメイドのグロテスクなマスクを身につける……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015