木村カエラ / 8EIGHT8

はてなブックマークに追加
木村カエラ / 8EIGHT8
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    8EIGHT8
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    コロムビア
  • 規格品番:
    COCP-36925
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    木村カエラ / 8EIGHT8をAmazon.co.jpで購入する木村カエラ / 8EIGHT8を@TOWER.JPで購入する木村カエラ / 8EIGHT8をHMV.co.jpで購入する木村カエラ / 8EIGHT8を楽天ブックスで購入する木村カエラ / 8EIGHT8をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
約2年4ヵ月ぶりとなる6thアルバム。話題のNTTドコモCM曲「Ring a Ding Dong」「A winter fairy is melting a snowman」や「喜怒哀楽 plus 愛」のシングルを含む、全13曲収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2011/10/10)  ⇒  10位 (10/17)  ⇒  17位 (10/24)  ⇒  19位 (2012/2/27)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2011/10/10)  ⇒  8位 (10/17)  ⇒  20位 (10/24)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2011/10/10)  ⇒  7位 (10/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2011/10/10)  ⇒  7位 (10/17)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2011/10/10)  ⇒  8位 (10/17)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2011/10/10)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2011/10/10)  ⇒  4位 (10/17)  ⇒  7位 (10/24)  ⇒  9位 (10/31)  ⇒  9位 (2012/2/27)  ⇒  16位 (3/5)
収録曲
01Make my day!
6thアルバム『8EIGHT8』のオープニングを飾る軽快なロック・ナンバー。プロデュースを手がける渡邊忍(ASPARAGUS)らしいトリッキーなイントロのギター・リフが印象的。“真面目くさってちゃもったいない はじけろ”と力強く歌いあげる。
02KEKKO
情熱的なアコースティック・ギターのカッティングが新鮮なロック・チューン。フレーズの数自体は少ないが、アレンジの豊かさでドラマティックな展開を描いている。ブリッジでの空間的なサウンドやオブリガードの独特なフレーズはまさに渡邊忍節。
038EIGHT8
作詞をkaelaと渡邊忍(ASPARAGUS)の共作で手がけた全英詞による6thアルバムのタイトル・ナンバー。シューゲイザー的なサウンドとトリッキーな変拍子の展開が独特の空気を作り上げている。“8”の目と脚を持つ蜘蛛を象徴的に描いている。
04Ring a Ding Dong
“ring a ding dong”のフレーズが強烈な印象を残す15thシングル。おもちゃ箱をひっくり返したような、思わず踊りだしたくなるポップでキュートなサウンドが楽しい。NTTドコモのCMソングとしても話題を呼んだ。
05うたうらら
アコースティック・ギターと歌の温かな雰囲気を持つイントロから一気にポップ・ロック・テイストへと展開するナンバー。触れられない君へのつのる想いを歌ったラヴ・ソングで、“歌うらら”“君うらら”といったフレーズが穏やかな余韻を残す。
06lollipop
カントリー・ミュージックのようなコミカルなサウンドが楽しいポップ・ナンバー。“いくつになっても女子は乙女心のままなの”とつれないあなたへの想いを綴る。まるで本当に不機嫌な少女が歌っているかのようなカエラのヴォーカルが見事。
07ホシノタネ
エフェクトをかけた声と、まるでSF映画に出てくる機械に歌わせているかのような一言ずつのヴォーカルが楽しいポップ・チューン。スペイシーなサウンドもあいまって、どこか遠くの星での恋物語を綴っているかのような印象を受ける。
08Moon Light
イントロのトリッキーなリフからプロデュースを手がける渡邊忍(ASPARAGUS)のエッセンスがたっぷりと詰まったロック・ナンバー。サビの“everywhere U go”のフレーズが強く心に残る。カネボウ「KATE」CMソング。
09喜怒哀楽 plus 愛
疾走感のある攻撃的なロック・チューン。ヴォーカルの後ろで鳴る、それ自体がソロのようなギターのオブリガードは渡邊忍(ASPARAGUS)らしさ全開だ。“感情再生 plus 愛”など、独特な言語感覚が曲をさらに前へと押し進める。
10deep beep
神経症的なシャキシャキとしたギターのカッティングが全編にわたって曲を彩るロック・ナンバー。カエラのライヴを支えてきた骨太なメンバーによる見事なアンサンブル、そしてそれに負けないしっかりとしたヴォーカルがクール。
11A winter fairy is melting a snowman
「ring a ding dong」と同系の、サビのフレーズが圧倒的な存在感を持つNTTドコモCMソング起用の16thシングル。エレクトロ系のサウンドに可愛らしいピアノが彩りを添えた、キュートな冬のラヴ・ソングだ。
12orange
なにげないキミの仕草で灰色の雲が覆う空にも光が射し込むとハート・ウォームに歌い上げるミディアム・ポップ。バンドの良さをしっかりと出し、ただのポップ・ナンバーたらしめないアレンジはさすが。映画『チェプラーシカ』主題歌。
13チョコレート
ビートは打ち込みながら、アコースティックなテイストを前面に出した温かなナンバー。苦く悩みをかかえていても、口にすれば甘く溶ける“チョコレート”のように優しい君への感謝を綴る。カエラの穏やかな歌声が絶妙に心地よい。
タイアップ
  • 「A winter fairy is melting a snowman」 - NTTドコモ「2010-2011年冬春モデル」TV-CMソング
  • 「A winter fairy is melting a snowman」 - LINE「Clova Friends」TV-CMソング
  • 「lollipop」 - NEC「LaVie」TV-CMソング
  • 「orange」 - 東宝「チェブラーシカ」主題歌
  • 「Ring a Ding Dong」 - NTTドコモ「2010年夏モデル」TV-CMソング
  • 「チョコレート」 - テレビ神奈川「Saku Saku」エンディングテーマ
  • 「喜怒哀楽 plus 愛」 - カネボウ化粧品「KATE」TV-CMソング
アーティスト
  • 木村カエラ
    1984年10月24日生まれ、東京都出身の歌手/モデル。2003年にTV音楽情報番組『saku saku』のMCで注目され、翌年6月にシングル「Level 42」でメジャー・デビュー。以降、音楽活動を中心に幅広く活動を展開。2006年には再……
  • 同時発売作品
    木村カエラ / 8EIGHT8 [紙ジャケット仕様] [CD+DVD] [限定]
    COZP-595〜6   3,850円(税込)   2011/10/12 発売
    木村カエラ / 8EIGHT8 [紙ジャケット仕様] [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入する木村カエラ / 8EIGHT8 [紙ジャケット仕様] [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する木村カエラ / 8EIGHT8 [紙ジャケット仕様] [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入する木村カエラ / 8EIGHT8 [紙ジャケット仕様] [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入する木村カエラ / 8EIGHT8 [紙ジャケット仕様] [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    タイトルは“エイト”と読ませるが、これは6枚目となるスタジオ・アルバム。バンド・サウンド全開のものから実験的な曲まで幅広い。ASPARAGUSのシノッピが全曲を作曲、癖のあるポップ感が満載。それをオレ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015