ブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン ブレンデル(P) ラトル / VPO [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
ブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン ブレンデル(P) ラトル / VPO [SHM-CD]
SHM-CD
  • 原題:
    ALFRED BRENDEL LIVE IN VIENNA
  • ジャンル:
    クラシック 〜 協奏曲
  • レーベル:
    デッカ
  • 規格品番:
    UCCD-1462
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン ブレンデル(P) ラトル / VPO [SHM-CD]をAmazon.co.jpで購入するブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン ブレンデル(P) ラトル / VPO [SHM-CD]をHMV.co.jpで購入するブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン ブレンデル(P) ラトル / VPO [SHM-CD]を楽天ブックスで購入するブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン ブレンデル(P) ラトル / VPO [SHM-CD]を@TOWER.JPで購入する
    ブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン ブレンデル(P) ラトル / VPO [SHM-CD]を山野楽器で購入するブレンデル・ライヴ・イン・ウィーン ブレンデル(P) ラトル / VPO [SHM-CD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
2008年に惜しまれながら引退したピアニスト、ブレンデルの初出録音。ラトル率いるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と創り出すブレンデルのシューマンはスリリングな要素も見せながら、常に歌心が根底にある演奏である。ブラームスでの音色の多彩さにも注目だ。★
アルフレッド・ブレンデルがサイモン・ラトル指揮ウィーン・フィルと共演したシューマンのピアノ協奏曲(2001年のライヴ録音)と、ブラームスの「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」(1979年のライヴ録音)を収録したアルバム。いずれも初出音源。
トラックリスト
●シューマン:
01ピアノ協奏曲イ短調op.54
ブラームス:
02ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ
仕様
SHM-CD
演奏
アルフレッド・ブレンデル(P) (1)サー・サイモン・ラトル指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音
(1)2001.3 (2)79.6
  • アルフレッド・ブレンデル
    ピアニスト。1931年オーストリアのモラヴァ生まれ。ザグレブとグラーツでピアノ、作曲、指揮を学ぶ。その間、E・フィッシャー、P・バウムガルトナー、E・シュトイアマンらに師事している。49年ブゾーニ・コンクールに優勝してから、国際的な活動が始……
  • ヨハネス・ブラームス
    1833年生まれ。1897年没。バッハ、ベートーヴェンと並び3大Bと呼ばれる、ドイツ・ロマン派の作曲家。ピアニストとして活躍し、シューマンに見出され、強くドイツ古典派を意識した作品を作り、ハンスリックに支持される。オペラの作品はない。……
  • ロベルト・シューマン
    1810年6月8日生まれ、ザクセン王国ツヴィッカウ出身の作曲家。本名はローベルト・アレクサンダー・シューマン。出版業を営む裕福な家庭で生まれ、文学青年として育つ。指を痛めてピアニストを断念後は作曲と評論活動に専念。交響曲から合唱曲まで幅広い……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015