バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 / エネスコ:弦楽八重奏曲 フラング(VN) 他 [UHQCD]

はてなブックマークに追加
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 / エネスコ:弦楽八重奏曲 フラング(VN) 他 [UHQCD]
UHQCD
  • 原題:
    BARTOK: VIOLIN CONCERTO NO.1|ENESCU: OCTET FOR STRINGS
  • ジャンル:
    クラシック 〜 協奏曲
  • レーベル:
    Warner Classics
  • 規格品番:
    WPCS-13793
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 / エネスコ:弦楽八重奏曲 フラング(VN) 他 [UHQCD]をAmazon.co.jpで購入するバルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 / エネスコ:弦楽八重奏曲 フラング(VN) 他 [UHQCD]を@TOWER.JPで購入するバルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 / エネスコ:弦楽八重奏曲 フラング(VN) 他 [UHQCD]をHMV.co.jpで購入するバルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 / エネスコ:弦楽八重奏曲 フラング(VN) 他 [UHQCD]を楽天ブックスで購入するバルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 / エネスコ:弦楽八重奏曲 フラング(VN) 他 [UHQCD]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
バルトークとエネスコが同い年の生まれとは知らなかった。加えてこの盤に聴く両曲も、ほぼ同時期の作品だ。だが内容はともに民族的な素材を用いながら、バルトークはそれをシステマティックに、エネスコはロマンティックに止揚する。フラングの美音とキレの良い技巧が耳を虜にする。
ガイドコメント
出すアルバムがことごとく高評価を得ている、フラングの高いテクニックと深い音楽性が楽しめるアルバムだ。バルトークは元恋人の遺品から見つかった第1番、そして愉悦と緊張に満ちたアンサンブル。注目の一枚。
収録曲
バルトーク:
01ヴァイオリン協奏曲第1番BB48a Sz.36
エネスコ:
02弦楽八重奏曲ハ長調op.7
仕様
UHQCD
演奏
ヴィルデ・フラング(VN) (1)ミッコ・フランク指揮 フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団 (2)エリック・シューマン,ガブリエル・レ・マガドゥーレ,ロザンヌ・フィリペンズ(VN) ローレンス・パワー,リリー・フランシス(VA) ニコラス・アルステット,ジャン・エリック・グスタフソン(VC)
録音
(1)2017.9 (2)2017.10
封入特典
  • 解説
アーティストおよび作曲家
  • 1986年8月19日生まれ、ノルウェー・オスロ出身のヴァイオリン奏者。オスロのバラット=デューエ音楽院で学び、その後ハンブルク音楽演劇大学でコーリャ・ブラッハーに、クロンベルク・アカデミーでアナ・チュマチェンコに師事。10歳でノルウェー放送……
  • ジョルジェ・エネスク
    1881年生まれ。1955年没。ルーマニア出身の名ヴァイオリニスト。ウィーン音楽院とパリ音楽院で学ぶ。作曲はフォーレとマスネに学ぶ。ルーマニアの民俗音楽を取り入れた作品を多く作る。エコール・ノルマルの教授時代にメニューインを教えている。……
  • バルトーク・ベーラ
    1881年3月25日生まれ、ハンガリー・ナジセントミクローシュ(現・ルーマニア・ティミシュ県スンニコラウマレ)出身の作曲家/民族音楽研究家。本名はバルトーク・ベーラ・ヴィクトル・ヤーノシュ。99年にブダペシュト王立音楽院(後のリスト音楽院)……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015