ルー・リード / ベルリン [紙ジャケット仕様] [限定]

はてなブックマークに追加
ルー・リード / ベルリン [紙ジャケット仕様] [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BERLIN
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    RCA
  • 規格品番:
    BVCM-37727
  • 価格:
    2,420 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ルー・リード / ベルリン [紙ジャケット仕様] [限定]をAmazon.co.jpで購入するルー・リード / ベルリン [紙ジャケット仕様] [限定]を@TOWER.JPで購入するルー・リード / ベルリン [紙ジャケット仕様] [限定]をHMV.co.jpで購入するルー・リード / ベルリン [紙ジャケット仕様] [限定]を楽天ブックスで購入するルー・リード / ベルリン [紙ジャケット仕様] [限定]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
初期ルー・リードの最高傑作といわれるソロ第3作目。ボズ・エズリンの演劇仕立てのプロデュースによって、ベルリンを舞台に悲しい恋物語が綴られるドラマティックな作品だ。
ニュース
収録曲
01BERLIN
どこかのバーの喧騒を思わせる人々のざわめきや「ハッピー・バースデイ」の歌のコラージュから幕を開け、美麗なピアノの弾き語りで淡々と歌うシンプルな一曲。ムーディなピアノと押さえたルーの歌声がなんとも艶っぽい。
02LADY DAY
タイトルの「レディ・デイ」はビリー・ホリデイのニックネームのこと。有名シンガーの光と影を描いた詩の文学性の高さも目を見張るが、それを皮肉るかのようなオルガンやストリングス主体としたサウンドも豪奢でありつつもどこかおどけた感じだ。
03MEN OF GOOD FORTUNE
「貧富」を題材とした一曲。ピアノ、ウッドベース、ギターの押さえたサウンドでじっくり聴かせるタイプの曲だが、後半からはダイナミックなドラミングで盛り上がりを見せる。会計士の息子だったルーなりの価値観が見えるあたりも興味深い。
04CAROLINE SAYS 1
ずしりとしたドラミングとウッドベースの図太いリズム隊、流れるようなストリングスとコーラス、さらにはフルートの音色。ファンタジックな香りが漂う華やかなサウンドだが、歌詞の内容はSMを題材にした過激なもの。このアンバランスさがなんともユニークだ。
05HOW DO YOU THINK IT FEELS
ダークなタイトルとドラッグをイメージさせる歌詞とは裏腹にサウンドはブラスの効いた狂騒的なものに仕上がっている。特に後半のギター・ソロとブラスの共演はかなりエキサイティング。そのハイな感じが逆に鬼気迫って聴こえるのも上手い。
06OH, JIM
ヴェルヴェッツ時代に「オー・ジン」というタイトルで制作していたものの、お蔵入りしていた曲を改作したもの。ストレートなロックを感じさせつつも、ムーディなブラスが妖艶な響きで聴くものを魅了する。
07CAROLINE SAYS 2
ヴェルヴェッツ時代の「ステファニー・セッズ」という曲をリメイク。家庭内暴力を受ける女性の悲劇を描いた曲。ピアノと爪弾かれるギター、ストリングスで構成された繊細なサウンドとメランコリックなメロディが胸を打つ。
08THE KIDS
良くない母親だと判断され、子供を取り上げられた女性を歌った曲。緩やかなアコースティック・サウンドと陰鬱な歌声が悲劇の物語を効果的に盛り上げる。後半に子供の泣き声が挿まれる、ハッとさせられる演出もあり、8分近い大作を飽きさせず聴かせてくれる。
09THE BED
絶望した女性が自殺を図るのを歌った曲。ギターの弾き語りによるシンプルな歌声の背景で厳かに鳴るのはストリングス、パイプオルガン、聖歌のごときコーラス。死にゆく者への鎮魂歌のように、儚くも悲しいメロディが切ない。
10SAD SONG
本格的なオーケストラによる壮大なサウンドで構成された曲。ストリングス、ブラス、コーラスなどによる重厚な音とドラマティックな展開が、アルバム『ベルリン』の物語を締めくくるエピローグのように鳴り響いている。
仕様
紙ジャケット仕様
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ルー・リード
    1942年3月2日生まれ、米ニューヨーク州ブルックリン出身のミュージシャン。本名はルイス・アレン・リード。65年にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを結成し、67年にアルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』でデビュー。70年にヴ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015