米津玄師 / Bremen

はてなブックマークに追加
米津玄師 / Bremen
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BREMEN
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサル シグマ
  • 規格品番:
    UMCK-1522
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    米津玄師 / BremenをAmazon.co.jpで購入する米津玄師 / Bremenを@TOWER.JPで購入する米津玄師 / BremenをHMV.co.jpで購入する米津玄師 / Bremenを楽天ブックスで購入する米津玄師 / BremenをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
前作『YANKEE』から1年半ぶりの3rdアルバム。エレクトロ・サウンドを取り入れたシングル「アンビリーバーズ」をはじめ、新たな“米津ワールド”の幕開けを告げる一枚になっている。
リサーチ
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2015/10/5)  ⇒  9位 (10/12)  ⇒  20位 (10/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2015/10/5)  ⇒  8位 (10/12)  ⇒  17位 (10/19)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2015/10/5)  ⇒  4位 (10/12)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2015/10/5)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2015/10/5)  ⇒  7位 (10/12)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2015/10/5)  ⇒  7位 (10/12)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2015/10/5)  ⇒  4位 (10/12)  ⇒  13位 (10/19)  ⇒  16位 (11/2)
収録曲
01アンビリーバーズ
ミズノ「ウエーブエニグマ 5」のCMソングに起用された4thシングル。4つ打ちを基調とした生命感に満ちあふれたビートとサウンドに乗せて、残酷な結末を信じることなく旅を続ける“アンビリーバーズ”の姿を歌う。
02フローライト
イントロの軽快なギター・カッティングをはじめ、キレのいいリズムで進むスタイリッシュなナンバー。タイトルは“蛍石”という和名を持つ鉱石で、蛍光現象という特性をもつこの石を通じて、大切な君へのまっすぐな思いを綴る。
03再上映
トリッキーなリズム・パターンが耳を引くミディアム・アップ。メロディも不思議なリズムの組み合わせを際立たせるような仕掛けが施されているため、ロングトーンを中心としたサビでの開放感は格別。劇場街を舞台にした物語も鮮烈。
04Flowerwall
ニコン「D5500」のCMソングに起用された3rdシングル。互いに欠けた部分も持ち合った大切な人との運命的な出会い。示唆にとんだ言葉で描いた二人の前に立つ“花の壁”についての不思議な物語を、ファンタジックなサウンドで彩っている。
05あたしはゆうれい
リズムマシンで構成したようなシンプルなリズムに子供の声をサンプリングした、不思議な質感のサウンドを持つポップ・チューン。ゆうれいの恋を描いた歌詞は童話にも似た軽やかさを放っており、ひたすらにポップなメロディも楽しい。
06ウィルオウィスプ
行進曲のようなスネアのリズムや“犬も猫も鶏も引き連れ街を抜け出したんだ”といった歌詞など、『ブレーメンの音楽隊』を思わせる仕掛けが施されたミディアム・ナンバー。やや曇り気味なサウンドだが、光に向かって進む姿を歌い希望に満ちている。
07Undercover
無骨なリズムを中心に、コーラスやブーピーなエレクトロ、美しいギターを重ねたサウンドスケープが不穏な空気を醸し出すロック・チューン。どうあがいても逃げられない現実を受け止めながら、“ラッキーなヒットでいい”と言いきる姿が頼もしい。
08Neon Sign
ギターとベースのユニゾンによるハードなリフで幕を開けるロック・チューン。かつては手をとり笑いあって日々を過ごした友人の存在。変わってしまった二人が別々の道を歩むことを決める姿をポップに描いているが、ささくれだった想いが節々ににじむ。
09メトロノーム
ピアノやストリングスをフィーチャーしたドラマティックなサウンドが胸に響くミディアム・バラード。次第にずれていくふたつのメトロノームをモチーフに、すれ違っていく二人の姿を、これ以上ないほど美しいメロディに乗せて歌い上げる。
10雨の街路に夜光蟲
単音のギターによるリフで幕を開けるアップ・テンポのポップ・チューン。“誰も知らない約束”を交わしながら生きてきた大切な人との日々、そしてそこから先の未来を歌う。隙間を意図的に配したアレンジメントの妙が映える。
11シンデレラグレイ
軽快なギター・カッティングとは裏腹に、うめき声のようなコーラスワークによる不穏な空気を掻き立てるイントロが印象的なナンバー。期待や希望を持つがゆえに傷ついてしまう女性の姿を、胸が痛くなるような描写を交えながら綴りあげている。
12ミラージュソング
タイトルどおりの幻想的な導入から一転、弾むビートと明るさに満ちたメロディへとなだれ込むポップ・チューン。近づけば近づくほどに増えていく知らない君。蜃気楼のような現実に苛まれつつ、前を向いて生きていく姿を言葉数の多いヴォーカルで描く。
13ホープランド
ちょうどいい“憎める敵”を探し、それを笑いあうような穢れた世界で息を殺して生きる君に、温かな希望を与える米津玄師流応援歌。カラフルかつ力強いサウンド、そして美しくもひねりの利いたメロディなど、彼ならではの魅力がぎっしりとつまっている。
14Blue Jasmine
アコースティック・ギターやオルガンをフィーチャーし、温かくも力強いサウンドを作り上げたポップ・チューン。二人であれば生きていけると大切な人に向けて大事な想いを伝えるラヴ・ソングで、希望だけが満ちたサウンドやメロディにしないセンスが光る。
タイアップ
  • 「Flowerwall」 - NIKON「Family Nikon D5500」TV-CMソング
  • 「アンビリーバーズ」 - MIZUNO「WAVE ENIGMA 5」TV-CMソング
  • 「シンデレラグレイ」 - NTT西日本「D-MAIL」テーマソング
アーティスト
  • 米津玄師
    1991年3月10日生まれ、徳島県徳島市出身のシンガー・ソングライター/クリエイター。2009年よりニコニコ動画にてボカロP“ハチ”として始動。2012年に本名の米津玄師名義のアルバム『diorama』でソロ・デビューし、翌年にメジャーへ進……
  • 同時発売作品
    米津玄師 / Bremen [紙ジャケット仕様] [限定][廃盤]
    UMCK-9772   3,900円+税   2015/10/07 発売
    米津玄師 / Bremen [紙ジャケット仕様] [限定][廃盤]をamazon.co.jpで購入する米津玄師 / Bremen [紙ジャケット仕様] [限定][廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する米津玄師 / Bremen [紙ジャケット仕様] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入する米津玄師 / Bremen [紙ジャケット仕様] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入する米津玄師 / Bremen [紙ジャケット仕様] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
    前作『YANKEE』から1年半ぶりの3rdアルバム。エレクトロ・サウンドを取り入れたシングル「アンビリーバーズ」をはじめ、新たな“米津ワールド”の幕開けを告げる一枚になっている。……
    米津玄師 / Bremen [CD+DVD] [限定][廃盤]
    UMCK-9773   3,300円+税   2015/10/07 発売
    米津玄師 / Bremen [CD+DVD] [限定][廃盤]をamazon.co.jpで購入する米津玄師 / Bremen [CD+DVD] [限定][廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する米津玄師 / Bremen [CD+DVD] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入する米津玄師 / Bremen [CD+DVD] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入する米津玄師 / Bremen [CD+DVD] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
    前作『YANKEE』から1年半ぶりの3rdアルバム。エレクトロ・サウンドを取り入れたシングル「アンビリーバーズ」をはじめ、新たな“米津ワールド”の幕開けを告げる一枚になっている。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015