BUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 2[2005-2010]

はてなブックマークに追加
BUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 2[2005-2010]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BUMP OF CHICKEN 2 [2005 - 2010]
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    トイズファクトリー
  • 規格品番:
    TFCC-86466
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 2[2005-2010]をAmazon.co.jpで購入するBUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 2[2005-2010]を@TOWER.JPで購入するBUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 2[2005-2010]をHMV.co.jpで購入するBUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 2[2005-2010]を楽天ブックスで購入するBUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 2[2005-2010]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
2000年にメジャー・デビューした4人編成バンドによる珠玉のベスト盤(後編)。透明感を帯びたメロウ・チューン「プラネタリウム」、人気RPGの主題歌としても人気の疾走感あふれる「カルマ」ほかヒット・シングル満載で、研ぎ澄まされてゆく彼らの世界観を追体験できる。
ガイドコメント
2013年7月3日リリースの、バンド史上初となるベスト・アルバム。「supernova」「カルマ」「涙のふるさと」「花の名」「宇宙飛行士への手紙」ほかのヒット・シングルを含む、2005〜2010年までの“BOC”の軌跡を凝縮した一枚。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2013/7/1)  ⇒  5位 (7/8)  ⇒  20位 (7/15)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2013/7/1)  ⇒  4位 (7/8)  ⇒  16位 (7/15)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2013/7/1)  ⇒  4位 (7/8)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2013/7/1)  ⇒  3位 (7/8)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2013/7/1)  ⇒  2位 (7/8)  ⇒  7位 (7/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2013/7/1)  ⇒  5位 (7/8)  ⇒  9位 (7/15)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2013/7/1)  ⇒  4位 (7/8)  ⇒  11位 (7/15)  ⇒  19位 (7/22)  ⇒  20位 (7/29)
収録曲
01プラネタリウム
四畳半を広げたくてプラネタリウムを作る、というストーリーに心奪われる。ロマンティックな舞台装置から、ちょっぴり切ない方向へとシフトするのも藤原ならでは。華美にしすぎないシンプルなアレンジも“四畳半”感をサポート。
02カルマ
『テイルズ オブ ジ アビス』シリーズの主題歌となった11枚目のシングルは、「sailing day」路線のアップ・テンポのロック・ナンバー。“業”を意味するタイトルが象徴するように、もう一人の自分を思わせる詞世界は深みがある。
03supernova
「カルマ」との両A面で発表された11thシングル。タイトルは“超新星”を意味するが、“熱が出たりすると〜”というミニマムな視点の歌詞とアコースティックな音色に驚かされる。やわらかで力強い、スケール豊かなミディアム・チューン。
04ギルド
アルバム『ユグドラシル』収録曲で、後にこの楽曲をモチーフにした人形劇も制作されたナンバー。“人間という仕事を与えられてどれくらいだ”という歌いだしは衝撃的。人生を一歩引いた目線で見ながら、生きていくうえで大切なことを教えてくれる。
05涙のふるさと
“会いに来たよ”のリフレインが耳に残るロッテ「airs」CMソングとなった12thシングル。キャッチーなサビに引っ張られるように、アレンジも王道ながらポップで心地よい響きが前面に出ている。エモーショナルなヴォーカルも好印象。
06花の名
13枚目のシングルは映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』主題歌。アコースティック・ギターと歌を中心に構成された前半の形でも成立しているが、バンドが合流してからの豊かなスケール感は白眉。藤原のメロディメイカーとしての魅力が凝縮されている。
07メーデー
大きなステージが映えるロック・テイストを作り上げた14枚目のシングル。16ビートで力強いリズムを奏でるドラムと、ジャカジャーン!というギターによる異なるアプローチが楽しい。“メーデー(=救難信号)”のようなノイズもいいアクセント。
08R.I.P.
墓碑などに刻まれ、“安らかに眠れ”という意味を持つ略語をタイトルに冠した15thシングル。変拍子なども取り入れた緊迫したバンド・アンサンブルに、美しくもどこか恐ろしさも抱かせる相反する魅力を持ったメロディが映える疾走感あふれるナンバー。
09Merry Christmas
「R.I.P.」との両A面で発表された15thシングルは、タイトルどおりのクリスマス・ソング。鈴の音をはじめとした王道のサウンドにアイリッシュ的なアクセントを取り入れることで、独自性を華麗に取り入れてみせるアレンジがニクい。
10HAPPY
ジャキジャキしたギターの音色やハンドクラップなど、アメリカン・ロック的なアプローチが新鮮な16枚目のシングル。シンプルなタイトルとは裏腹にちょっぴりシニカルな視点を持ったメッセージ・ソングで、それゆえ心に強く響く。
11魔法の料理〜君から君へ〜
NHK『みんなのうた』に起用されたことでも話題を呼んだ17thシングル。“叱られた後にある晩御飯”をモチーフにしたファンタジックな物語は、藤原らしさに満ちている。ごく個人的なエピソードを描いているが、リアリティと温度を持って胸に飛び込んでくる。
12モーターサイクル
ギター、ドラム、ベースがそれぞれ別々のリズムを奏でるアンサンブルや変拍子など、「乗車権」を思わせるシリアスなテイストのナンバー。目まぐるしく変化する人生を描いた言葉は一見すると冷たく感じるが、底には強い意志が息づいている。
13宇宙飛行士への手紙
4つ打ちのリズムと豊かなギターのアンサンブルで幻想的な世界を生み出した18枚目のシングル。想像力に訴えかける象徴的かつ断片的な情景を刻み込みつつ、壮大なストーリーを描き出す藤原の手腕には脱帽。流れ星のようなギターのフレーズも美しい。
仕様
スリーヴケース付き
封入特典
  • ハードカバータイプブックレット(初回のみ)
アーティスト
  • BUMP OF CHICKEN
    日本のロック・バンド。藤原基央(vo,g)、増川弘明(g)、直井由文(b)、升秀夫(ds)という千葉県佐倉市出身の1979年生まれの幼なじみ4名で構成。愛称は“バンプ”など。94年より活動を開始し、96年2月に現編成での初ステージを踏む。2……
  • 同時発売作品
    BUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 1[1999-2004]
    TFCC-86455   2,667円+税   2013/07/03 発売
    BUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 1[1999-2004]をamazon.co.jpで購入するBUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 1[1999-2004]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するBUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 1[1999-2004]をHMV.co.jpで購入するBUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 1[1999-2004]を楽天ブックスで購入するBUMP OF CHICKEN / BUMP OF CHICKEN 1[1999-2004]をTSUTAYAで購入する
    『同2 [2005-2010]』と対をなすバンド初のベスト。インディ時代からメジャー2作目の『ユグドラシル』まで、ブレイクの契機となった「天体観測」をはじめとするシングル曲を中心にセレクト。サウンドの……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015